【直虎とのかかわりは?】滋賀県彦根市にある龍潭寺の詳しいご紹介!

2017年大河ドラマ『女城主・直虎』にゆかりがあるお寺として静岡県浜松市にある龍潭寺は有名ですが実は同じ名前のお寺が滋賀県彦根市にもあります!これは井伊家が彦根藩主となったので井伊家の菩提寺である龍潭寺を分寺して滋賀県彦根市に建立したもの!今回は滋賀県彦根市にある龍潭寺をご紹介いたします!

スポンサードリンク


静岡の龍潭寺!

彦根の龍潭寺!!



どちらも行ってみたくなりますよね^^



こちらでは彦根にある龍潭寺を詳しく

ご紹介していきますので順番に見ていきましょう!


彦根の龍潭寺とは?



axis85_jinjyanokane_tp_v


滋賀県彦根市にある龍潭寺は

1600年に井伊直政が佐和山城主となった際に

静岡県浜松市にある井伊家の菩提寺である

龍潭寺を分寺して建立されました!



庭園が有名で佐和山を借景に作られ

静寂で落ち着いたたたずまいの空間を提供してくれますよ^^



また、彦根の龍潭寺は「だるま寺」とも呼ばれており

毎年「だるままつり」が開催されています。



龍潭寺に訪れれば「だるま」が見えるのでぜひ鑑賞してくださいね!



また、彦根の龍潭寺の後背には佐和山があり

「佐和山城跡」があります。



佐和山は龍潭寺が所有しており無料で入山の許可をしていて

佐和山城主は彦根藩の藩主だけでなく

過去には石田三成が居城としていたという歴史もあるので

日本の歴史好きとしては一度訪れておきたい寺院ですね^^


彦根の龍潭寺庭園



静岡県浜松市にある龍潭寺も庭園が有名ですが

滋賀県彦根市にある龍潭寺も素晴らしい庭園が残されています!



静岡の龍潭寺はこちらでご紹介しています。

【2分で簡単に分かる!】浜松にある龍潭寺と井伊直虎との関係は?



龍潭寺の書院東庭には「蓬莱池泉庭」と呼ばれる

池泉鑑賞式庭園があり

山を背景にして大きな池が横わたります。



趣のある庭園なのでゆっくり鑑賞するのがおすすめで

方丈南庭には「ふだらくの庭」と呼ばれる枯山水庭園があり

枯山水庭園とは水を用いない庭園で

石や砂により風景を表現する庭園様式です。



「ふだらくの庭」では白砂と48個の石を配置して

感音菩薩の浄土であり補陀落山を表現しています。



彦根の龍潭寺では2つの異なる様式の庭を鑑賞することができるので

違いを感じてみてくださいね^^



余談ですが、中国や台湾などで非常にメジャーな【風水】ですが

基本的考え方として

風は気を散らしてしまい

水は気を留める。

という事から、大きな家の庭には池があったり

お家の中に金魚を飼って水を扱うと

金運などの運気が上がる、とされていますが・・・

こちらの庭園に関しては、

枯山水庭園である「ふだらくの庭」の方が風情があって好きです^^



理由としましては、砂の中に幾つか造作された

島の様な、岩が建てられている風景は

心が落ち着き、いつまでも見ていたい!

そんな心持にさせてくれるからなんですよね。



庭園を眺め心を静めていると

今までの行いと、これから起こる事が頭の中で混ざりあうような気持ちは

後悔が少しとスッキリリフレッシュできるような

そんな体験は何とも言えませんよ^^



50秒位から庭園の様子がご覧いただけます。是非ご覧ください!






見どころ満載な滋賀県彦根の龍潭寺!



滋賀県彦根市にある龍潭寺では

さまざまな貴重なものを鑑賞することができ

龍潭寺の方丈にある襖絵は

江戸時代の俳人である「蕉門十哲」のひとりである

「森川許六」のものとされており市の指定文化財となっています!



また、方丈の玄関には

佐和山城で使用されていた陣鐘が吊るされています。

これは「龍潭晩鐘」と呼ばれ

彦根藩の2代目藩主である井伊直孝から拝領したものとされています!



彦根の龍潭寺は「だるま寺」との異名をとることで知られており

大きなだるまも安置されています。



巨大なだるまでなかなか他では見ることができないので鑑賞してみてくださいね^^



また、寺院の裏山にある墓地には

幕末に大老として活躍した

井伊直弼の母の墓や直弼の側室であった里和の文塚などもあります。



彦根の龍潭寺は見どころ満載なので

余裕をもってゆっくり鑑賞してくださいね^^

そうそう「だるま」の大本は手足の自由が利かなくなるまで

「壁のように動ぜぬ境地で真理を観ずる禅」という

山にこもって9年座禅を続けたとされる

古代インドの僧「菩提達磨」の事ですので

「信念は岩をも砕く」ではないですが

龍潭寺では「信念を貫き通す」という願いをお持ちの方には

ご利益があるかもしれませんよ^^


彦根の龍潭寺の基本情報!



滋賀県彦根市にある龍潭寺の住所は滋賀県彦根市古沢町1104で

拝観時間は9:00~16:00となっています。



拝観料金は

大人400円

小・中学生150円です。



駐車場は普通車20台

大型車5台完備なので

車でアクセスすることも可能ですよ!



公共交通機関で訪れる際には

JR琵琶湖線「彦根駅」が最寄り駅となっており

「JR彦根駅」からは徒歩で約25分となっています。



あわせて読んでおきたい

浜松市の龍潭寺へはどんな行き方がおすすめ?アクセス方法まとめ!




 まとめ!



splitshire-2361-384x253


2017年の大河ドラマ『女城主・直虎』の主人公である

井伊直虎ゆかりのお寺として有名なのが龍潭寺ですが

龍潭寺には「静岡県浜松市」と「滋賀県彦根市」にあります。



これは井伊直政が佐和山城主となったため

井伊家の菩提寺である静岡県浜松市にある龍潭寺を分寺して

滋賀県彦根市に龍潭寺を建立したからと言われています!



彦根の龍潭寺は庭園が有名で

「蓬莱池泉庭」と呼ばれる池泉鑑賞式庭園と

「ふだらくの庭」と呼ばれる枯山水庭園があり

どちらも名庭と呼ぶにふさわしい捨てがたい景観となっています!



他にも「だるま」や「襖絵」など

見どころ満載なので、ぜひゆっくり鑑賞してくださいね^^



歴史好きや寺院好きなら

滋賀県彦根市にある龍潭寺と

静岡県浜松市にある龍潭寺の両寺ともに

訪れてみたくなってしまうくらい魅力が満載すね!



静岡県の龍潭寺についてはこちらがおすすめですよ!

【事前に際に知っておきたい!】浜松にある龍潭寺の意外なご利益とは?

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク