ハウステンボスのアトラクション・天空レールコースターの口コミは?

スポンサーリンク







あのハウステンボスに

森の中で楽しめるスリル満点の

アトラクションが新しく登場しましたね!



その名も「天空レールコースター〜疾風〜」



その天空レールコースターのいち早い口コミと

その魅力についてご紹介いたします。


スポンサーリンク


天空レールコースターの最新口コミは?

天空レールコースターは

2018年3月1日に登場したばかりの

アドベンチャーアトラクションです。



何か気になりますよね~!



では、この新アトラクションを

体験された方の口コミをみていきましょう。



天空レールコースターはなかなかの醍醐味でスリルもあり楽しかったです。春休みで凄い人、どのアトラクションも長蛇の列でなかなか思うようには動けませんでした。


今日のお目当は、新しくできたアドベンチャーパークの天空レールコースター。以前来た時はアドベンチャーパークは2〜3時間待ちだったので、今回は気合を入れて朝イチ開門前から大行列に並び、オープンと同時に猛ダッシュ。それでもまた1時間待ちだったけど、無事に乗れて子どもたちも大満足でした。


新アトラクションだけあって大人気ですね。特に春休み期間中は子どもたちが大勢訪れるので、待ち時間が発生するのは否めないようです。でもどの口コミからも、空中を滑走する醍醐味があり楽しめることが伝わってきましたね。



こうして口コミを見てみると

非日常体験ができるせいか人気なんですね~


天空レールコースターの特徴・魅力について

大人気の天空レールコースターの特徴と魅力を探っていきましょう。

天空レールコースターの特徴は
  • ・日本最大で、日本初の1人乗りコースターアトラクション
  • ・高さ11メートル、ビル3階相当高さからスタート
  • ・コースの全長は250メートル

といったところ。。



そして天空レールコースターの魅力は

なんといっても自然の中でスリルを味わうことができる点でしょうね~


全長250メートルのコースを

周りの木々や自然を体感しながら一気に滑走していき

滑走中は前後左右に体が激しく揺れてスリル満点です。

スポンサーリンク


天空レールコースターの注意点は?


空中を飛ぶように楽しめる天空レールコースターですが

体験する際に注意することがありますので詳しく確認していきましょう!



・利用対象に制限がある

誰でも楽しく体験したいところですが

安全面を考慮して以下の対象が定められています。


1、小学生未満は利用不可
2、12歳以下が遊ぶ時は、同意書に保護者(18歳以上)のサインが必要
3、体重90kg以上の方は利用不可
4、身体や健康(特に心疾患)に不安事項がある場合は利用不可


・服装や天候の事前確認を

アトラクションコースターなので

動きやすい服装や靴で体験してください。



サンダルやスカートでの体験はできません。



もしも急に体験したい時には

スニーカーやズボンも各500円でレンタルできるので安心ですよ。




また、雷・大雨・濃霧・強風の悪天候の場合は

安全面の都合上運休になります。



できれば天候の良い日を選んで訪れることがオススメですね。

スポンサーリンク




天空レールコースターと一緒に楽しめるアトラクションは?

人気の天空レールコースターですが

せっかく遊びに来たのですから

他のアトラクションや施設も楽しみたいですよね。



そこでほかのオススメ施設もご紹介します。



・シューティングスター

ワイヤーロープで丘の上から

運河の上を滑り降りる長さ300メートルのアトラクションです。

スリル満点、流れ星の気分になれますよ。


・天空の城

日本最大級の最高高さ9メートルでの空中大冒険です。



スタートからさまざまな障害物に挑戦し

ゴールを目指すコースはスリル満点ですよ。


・ふわふわランド

子どもたちが大好きなボールプールやスライダーがあり

飛んだり跳ねたりおもいっきり身体を動かせるので

子どもたちも大満足できますよ^^



その他にも沢山のアトラクションが楽しめますので

詳しい情報や注意事項は、ハウステンボスのホームページから確認してくださいね。。

スポンサーリンク




まとめ


天空レールコースターは

オープンしたばかりのアトラクションですが

口コミからは楽しめる印象のものばかりですね。



ちょうど春休みに向けてオープンしたので

これからのゴールデンウイークや行楽シーズンには

さらに人気が高まりそうです。



今回の内容を参考に

ぜひ家族で天空レールコースターを楽しんでみてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする