長崎バイオパークにあるPAWはペット・動物好きにおすすめ!料金もご紹介!

スポンサーリンク




さまざまな動物たちとふれあうことができる

長崎バイオパークですが

園内に入らずに、可愛い動物たちと

ふれあえる場所があるんですよね~^^;



それが2014年に開設された

ペットのふれあい広場PAW(パウ)~



こちらではイヌやネコなど

身近な動物とふれあうことができますよ。



今回はそんなPAWについて

さまざまな魅力や情報・料金などをご紹介します!

スポンサーリンク

長崎バイオパークのPAWでふれあえる動物たち

PAWではバイオパークの園内とは違い

ペットのふれあい広場という名前だけあって

身近であまり大きくない動物とふれあうことができます。



ペットと聞くとイヌやネコのイメージがありますが

ここではさまざまな種類の動物たちがいますので

PAWで出会える動物たちを見ていきましょう。



・イヌ

フレンチブルドッグ、ゴールデンレトリバー、秋田犬、ヨークシャテリア、トイプードル、ミニチュアダックスフンドなど、約10種類!

・ネコ

ロシアンブルー、スコティッシュフォールドなど

・タイハクオオム

・ワシミミズク

・ウサギ

・モルモット

・パンダマウス

・デグー

・陸ガメ

・グリーンイグアナ

・コーンスネーク

などなど

なかなか見れない動物たちもいますね~。



室内はイヌの部屋とネコの部屋

中心に共生の木がそびえる広場に分かれており

動物たちはそれぞれの場所でのんびり過ごしています。



またエサやり体験もできますよ。



イヌとネコはそれぞれのコンディションや

来場者の入場数にもよりますが

だいたいお昼に1時間ほどの休憩時間が設けられています。



他の動物たちはいつでもふれあえますので

何時に行っても楽しめますね^^


pawで大人気!イヌの部屋の魅力

イヌの部屋には

大型犬から小型犬まで約10種類が過ごしています。



部屋の中にはそれぞれの犬種や

名前などのプロフィールが貼ってあるので

名前で呼んであげるのもいいですね!



尻尾を振ってくれたり

反応してくれるとテンションが上がってしまいますよ^^



また、イヌの部屋からは

外のドッグランへ出ることができ

イヌとお散歩気分を味わうことができます。



14時ごろになると横になって

お昼寝を始める姿が見られます。



愛くるしい~~~



間近で可愛い寝顔が見れて

なおかつ寝ている間も撫でることができますが

くれぐれも起こさないように気をつけてくださいね。



まだ動物に慣れていないお子さんには

この時間がオススメですね!

スポンサーリンク


猫カフェみたい!?PAWのネコの部屋!その魅力とは?

ネコの部屋には

キャットタワーやソファーが置いてあり

それぞれが気に入った場所でくつろいでいます。



まるでネコカフェみたい!



と評判です^^



こちらではネコのストレスになるため

【抱っこは禁止】です。



でも、からだを撫でたり

肉球をプニプニ触るのはOKですよ!



お気に入りの場所でくつろぐネコ

ずっと寝ているネコ

喧嘩をするネコなど・・・



さまざまなネコの姿を見ることができます。



こちらでもイヌの部屋と同じように

種類や名前などのプロフィールが確認できます。



ソファーに座っていると

自然と近寄ってくるネコもいて癒されること間違いなし!



部屋から出るときには

服についたネコの毛を取るための

コロコロが準備してあり、暖かい心遣いが嬉しいですね~^^


PAWの注意事項と入場料金、オススメの時間帯について

PAWでは間近でふれあえる場所だからこそ

守らなければならないルールがあります。



・施設内では必ず大人が付き添うこと。小学生以下のお子様のみの入館はできません。
・動物の目や口の近くには不用意に近づかない。噛まれる恐れがあります。
・動物は物をかじる習性があるので、大事なものは持ち込まないようにしましょう。
・動きやすい服や靴でふれあいましょう。
・繁忙時は、一定人数が入場すると入場制限がかかり、退館された方と入れ代わりでの入場になります。



入場料金については、

・PAWのみに入場

1時間あたり500円
(1時間を超えると新たに500円が必要)

・バイオパークとPAWのセット 2,000円

・バイオパークの年間パスポートBIOPASSを持っている方の
PAW入場特典として最初の1時間は無料・以降1時間ごとに500円必要



また、平成30年4月1日より料金が改定され

詳しくは長崎バイオパークのホームページから確認してくださいね。



PAWへ入場するオススメ時間帯は

オープンする10:30ごろで

長崎バイオパークへ来場される方は

先に園内をまわってから

帰りにPAWに寄られることが多いです。



夕方は特に混み合い

十分に動物を見られず残念な思いをしてしまうこともあります。



午前中の早めの時間帯が穴場ですよ!

スポンサーリンク


まとめ

いかがでしたか?

長崎バイオパークのPAWは

自宅でペットを飼うことができない方も

ここに来ればペットたちと

ふれあうことができるアットホームな場所です!



またバイオパーク園内の動物とは違った

身近な動物たちの自然な姿を感じることができて

癒しのスポットととしても今大人気ですよ!



珍しい動物たちもいますので

ぜひ今回の内容を参考にPAWで

動物たちと楽しい時間を過ごしてみてくださいね^^

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク