消印有効は何時まで?ポスト・窓口での違いを把握して締め切りに間に合わせる方法は?

スポンサーリンク




懸賞や願書提出などでよく使われる言葉が『当日消印有効』です!



当日消印有効は結局何時までにポストに投函したり

窓口に持って行ったりすればいいのか

気になったことないですか?



これを知らないと有効期限が切れており

最悪、意味がないこともあり得ます!



そこで今回は消印有効とは何時までに

ポスト・窓口に持って行けばいいのか?

解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

当日消印有効は何時までにポスト・窓口に持って行けばいい?

当日消印有効は何時までに

ポスト・窓口に持っていくべきなのか?

ということの前に

まずは当日消印有効の意味について知っておくべきです!



そもそも、消印とは郵便切手やハガキが

使用済みであることを示します。



この消印をすることで

切手やハガキを再度、使用することを防ぐんですね。



そして、当日消印有効とは

消印された日が期限以内なら有効との意味となります。



この意味を頭に入れた上で

当日消印有効は何時までに

ポスト・窓口に持って行けばいいのかを考える必要がありますね!


ポストに持って行く場合

当日消印有効でポストに持って行く場合

ポストが持って行った日が消印される日とは限りません。



ポストに投函しても

それを集荷して処理することで消印が押されます。



つまり、当日消印有効の締切日当日に持って行くと

締切に間に合わない可能性があるのです。



そのため、ポストに投函する場合

当日消印有効の締切日の前日までに

持って行くのがおすすめとなります!



また、当日に投函するなら

集荷する時間をチェックし

集荷される前に投函するようにしましょう。



ちなみに、ポストからの集荷は平日の場合

朝8時以降からスタートすることになっています。



ですから、平日なら当日の朝8時までに投函することができれば

確実にその日に消印が押されることになるんですね~。

スポンサーリンク


窓口に持って行く場合

窓口に持って行く場合

当日消印有効の締切日当日に持って行けば大丈夫です^^



直接持って行く場合

その日に消印を押してくれるため

締切日の当日に郵便局の窓口に持って行けばいいんです。



ただし、郵便局の窓口が開いている時間までとなっています!



郵便局の窓口の時間は店舗によって異なり

夕方5時に閉まる店舗から

夜9時ごろまで窓口が開いている店舗もありますから・・・。



そのため、郵便局の窓口に持って行く場合は

窓口の開いている時間をチェックしてから持って行くようにしてください。


消印有効ではなく締切日必着の場合は何時まで?

消印有効ではなく、締切日必着のケースもあります。



締切日必着の場合は

文字通り締切日までに到着したものは有効

という意味となります。



そのため、締切日必着の場合は

ポストや窓口に持って行ってから

到着するまでにかかる日にちを考える必要がありますね。



しかも、ポストや窓口に持って行ってから

到着するまでの日にちは地域によって異なります。



そのため、締切日必着の場合は

できるだけ余裕を持ってポストに投函したり

窓口に持っていったりするべきです。



また、消印有効なのか締切日必着なのかを

しっかりと確認するようにしましょう!

スポンサーリンク


まとめ

懸賞の応募や願書提出では

当日消印有効などと書かれていることが多いです。



当日消印有効とは

締切日までに消印がされていれば有効となります。



ただし、ポストに投函する場合は

集荷されてから消印が押されるので

投函日の翌日に消印が押される可能性があるので要注意です!



また、窓口に持って行く場合は

当日に消印を押してくれます。



そのため、心配なら

郵便局の窓口まで持っていくのがおすすめですね。



消印有効以外にも締切日必着のケースもありますので

消印有効なのか締切日必着なのかをしっかりと確認し

ポストへ投函したり、郵便局の窓口に持っていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク