pasmoのオートチャージ!小田急線で金額変更の簡単な方法・場所をご紹介!

スポンサーリンク







PASUMOを利用する機会が多い人は

オートチャージがおすすめです。



オートチャージすることで残高不足の心配がなくなり

改札口で・・・

なんてことなくなりますからね。



小田急線利用者なら

小田急OPクレジットカードと

PASUMOをリンクさせておくのが簡単でいいです。



また、PASUMOのオートチャージでの金額変更

知っておきたいですよね。



そこで今回は、小田急線でできる

PASUMOのオートチャージの金額変更の

方法や場所についてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

小田急線でPASUMOのオートチャージの金額変更はできる?

小田急線の駅にある券売機を利用することで

PASUMOのオートチャージの金額変更をすることができます。



PASUMOのオートチャージの初期設定では

PASUMOの残額が2,000円以下になった場合

3,000円が自動的にチャージされるようになっています。



ただし、オートチャージされるのは

駅の自動改札機であり

バスの車載機や電子マネーとして使用したときには

オートチャージされないので注意してください。


小田急線でPASUMOのオートチャージの金額変更方法!

小田急線の駅でPASUMOの

オートチャージの金額変更をする場合

券売機を利用することになります。



券売機でまずは「その他」を選択し

「PASUMO各種変更」を押してください。



そして、オートチャージの金額変更をしたいPASUMOを挿入し

「オートチャージ設定変更」を選択します。



次の画面で「金額変更」を選択し

変更後の設定内容の「変更」を押して

変更したい金額を選択します。



変更の内容を確認したら「確認」を押せば

PASUMOは返却され

オートチャージの設定金額を変更することができますよ。



券売機で簡単にオートチャージの金額変更をすることができるので

初期設定だと不便だな~?

に感じる方は金額変更をしてみてくださいね!


小田急線以外でPASUMOのオートチャージの金額変更ができる場所は?

小田急線の駅以外でもPASUMOの

オートチャージの金額変更をすることができます。



PASUMOのオートチャージの金額変更をすることができるのは

PASUMO取扱事業者の駅にある券売機となっています。



PASUMO取扱事業者は鉄道27事業者もあり

多くの鉄道でオートチャージの

金額変更をすることができるんですよね~。



主な事業者としては

京王電鉄・京成電鉄・京浜急行電鉄

西武鉄道・東京地下鉄などが挙げられます。



ちなみに、PASUMO取扱事業者は

基本的に関東の私鉄・地下鉄でありJRは含まれていません!



そのため、JRの駅では

PASUMOのオートチャージの金額変更をすることができない!

ので注意してください。

スポンサーリンク


PASUMOのオートチャージの有効期限について!

PASUMOのオートチャージには

じつは有効期限があるんです。



PASUMOのオートチャージの有効期限は原則として

リンクされているクレジットカードの有効期限と同じです。



そのため、有効期限になったら

PASUMOオートチャージ有効期限延長の

手続きをする必要があります。



有効期限延長の手続きは、駅の窓口にて行うことができ

オートチャージ設定をしているPASUMOと

有効期限延長のお知らせを持って窓口に行けば

延長の手続きをしてくれるますよ。



有効期限が過ぎているのに延長の手続きをしないと

オートチャージのサービスを利用することができません。



また、延長の手続きができるのは有効期限から6ヵ月間です!



そのため、有効期限になったら早めに延長の手続きをしてみてください。


まとめ

PASUMO利用者なら

オートチャージを利用するのがおすすめです。



オートチャージの金額については

PASUMO取扱事業者にて金額変更をすることができます。



小田急線はもちろん

多くの関東近郊の私鉄・地下鉄の多くが

PASUMO取扱事業者であり

オートチャージの金額変更が可能です。



簡単に金額変更ができるので

ぜひオートチャージの金額変更をしてみてくださいね!



【関連記事】

➡pasmoのお得な利用方法まとめ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする