カレーにズッキーニを入れるタイミングは絶妙?味を良くするポイントを紹介!

スポンサーリンク







暑い夏の季節は、その時期にしか食べられない

野菜を入れたカレーがおすすめです。



夏野菜というとトマトやナスなどカレーに

よく合う野菜が多くありますが

今回は彩りにもなるズッキーニを使った

カレーをご紹介したいと思います。



実はズッキーニはカレーに入れるタイミングが重要なんですが

そのポイントとは・・・?


カレーにズッキーニを入れるタイミング!

ズッキーニは柔らかくなりすぎてしまうので

カレーに入れるタイミングを間違えないようにしましょう。


・炒めてから入れる

ズッキーニは柔らかくなりやすいので

他の野菜と一緒に煮込むとトロトロに溶けてしまいます。



そのため他の具材とは別にしておき

出来上がる直前に入れるようにしてください。



この時ただ切ったズッキーニを鍋に入れるのではなく

あらかじめフライパンで油と一緒に炒めておくことをおすすめします。



油によってコーティングされたズッキーニは

みずみずしさやうま味を内側に閉じ込める効果がありますよ。



炒める際は強火で表面に焦げ目がつく程度に

さっと炒めるようにしましょう。



油ではなくバターで焼いてもおいしいですよ^^


・素揚げしてから添える

ズッキーニのシャキシャキとした食感を生かしたいなら

素揚げしてから最後にカレーにトッピングするのもよいでしょう。



多めの油を引いたフライパンで揚げ焼きにすれば

簡単にズッキーニの素揚げが完成します。



この時ズッキーニをさっと水にくぐらせると

表面に水の膜ができて油の吸収を抑えることができます。



180度の油で、表面に焦げ目がつくまで揚げてくださいね。


ズッキーニと夏野菜を使ったおすすめレシピ

ズッキーニと相性がいいのはやはり同じ夏野菜です。



トマトやナスはもちろん

インゲンやゴーヤ、カボチャ、オクラなどもよく合います。


・ナスとズッキーニのドライカレー

(材料)
・合いびき肉100g
・ナス1/2個
・ズッキーニ1/4個
・玉ねぎ1/4個
・にんにくのみじん切り
・しょうがのみじん切り
・カレー粉小さじ2
・コンソメ小さじ1
・A水1/4カップ
・Aウスターソース大さじ1/2
・Aトマトケチャップ大さじ1/2
・塩少々
・コショウ少々
・オリーブオイル大さじ1

(作り方)

1なす、ズッキーニは1cm角にカットし、玉ねぎはみじん切りにします。

2フライパンにオリーブオイルを引き、にんにくとしょうがを炒めます。

3にんにくがきつね色になったら玉ねぎを入れて中火で炒めます。

4なす、ズッキーニを加えて塩コショウで味付け、しんなりしてきたらいったんお皿などに取り出します。

5フライパンにひき肉を入れ、肉の色が変わるまで炒めます。

6取り出していた野菜を戻して、カレー粉を加えて1、2分炒めます。

7コンソメとAを入れて、水分がなくなるまで煮詰めたら完成です。



・ズッキーニとトマトのキーマカレー

(材料)
・豚ひき肉200g
・ズッキーニ1/2個
・玉ねぎ1個
・トマト1個
・にんにく1片
・しょうが1片
・カレー粉大さじ2
・ローリエ1枚
・Aウスターソース小さじ2
・Aトマトケチャップ小さじ2
・Aチキンコンソメ
・塩コショウ少々
・バター適量
・お好みでゴーダチーズ

(作り方)

1にんにく、しょうが、玉ねぎをみじん切り、トマトとズッキーニは角切りにします。

2フライパンにバターを溶かし、玉ねぎをしんなりするまで炒めたらにんにくとしょうがを加えます。

3次に豚ひき肉を入れ、ほぐすようにして炒めます。

4ひき肉に火が通ったらカレー粉、ローリエを加えて炒めます。

5その次にトマトとズッキーニを加えて炒めます。

6Aを加えて全体になじませたら塩コショウで味を調えます。

7器に盛りつけ、お好みでチーズを乗せたら完成です。


まとめ

ズッキーニは鍋で一緒に煮込む場合は炒めた後に

入れるタイミングは仕上げの直前が良いでしょう。



素揚げする場合は最後にトッピングとして

カレーの上に乗せてください。



ズッキーニの黄色や緑などの鮮やかな彩りで

一気にカレーに夏らしさが出ますね。



タイミングに気を付けながら

ぜひズッキーニを使ったカレーに挑戦してみてください!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする