なすの煮浸しはどれくらい日持ちする?知っておきたい調理後の賞味期限とは?

スポンサーリンク







なすの煮浸しといえば

さっぱりとして夏場にぴったりの和食ですね^^



常備菜として作り置きしておく方も多くいますが

どれくらいの期間日持ちするのでしょうか?



なすの煮浸しの賞味期限や常備菜に

おすすめの簡単なレシピについてもまとめてみました!

スポンサーリンク

なすの煮浸しはどれくらい日持ちする?調理後の賞味期限について!

なすの煮浸しは、冷蔵庫にてきちんと保存をすれば

3日~4日は日持ちします。



調理をした後しっかりと粗熱が取れたのを確認してから

密閉できる容器に入れて保存しましょう。



なすの煮浸しは冷凍には不向きなので

冷蔵庫で保存をしてできるだけ

早めに食べるようにしてくださいね。



常温保存をする場合はその日のうちに食べきるようにしましょう。


なすの煮浸し・美味しい作り方、レシピを紹介!

まずは基本のレシピで定番のなすの煮浸しを作りましょう。

(材料)
・なす2~3本
・サラダ油小さじ1
・Aだし汁200ml
・A醤油大さじ3
・Aみりん大さじ3
・Aすりおろししょうが小さじ1
・青ネギ適量



(作り方)

1、なすのヘタを取って縦半分に切り

表面に包丁でいくつか斜めの切り込みを入れます。



深く切り込みを入れてしまうと

なすが崩れやすくなってしまうので注意してください。



なすの大きさによって

食べやすい大きさよって2~3等分してください。



2、ボウルにAの調味料をすべて入れます。



3、フライパンに油を引き、なすを皮の方から焼きます。

焼き色が付いたら裏面にし、同じように焼きます。



4、なすが焼けたらAの調味料をフライパンに注ぎます。

なすに味が染み込むまで蓋をし、弱火で蒸し焼きにします。



5、火を止めて、味が染み込むのを待ちます。

お皿に盛りつけ、ネギを散らしたら完成です。

スポンサーリンク

常備菜にお勧め!簡単ななすの煮浸しの作り方!

めんつゆや電子レンジを使えば時短で

お手軽においしいなすの煮浸しが作れます。


めんつゆを使ったなすの煮浸し

(材料)
・なす3~4本
・チューブしょうが3cm
・めんつゆ(3倍濃縮)50cc(水200cc)/(2倍濃縮の場合80ccと水160cc)
・砂糖小さじ1



(作り方)

1、なすのヘタを取って縦半分に切り
表面に包丁でいくつか斜めの切り込みを入れます。

なすの大きさによって2~3等分してください。



2、皮を下にしてフライパンで焦げ目がつくくらい焼きます。



3、焦げ目がついたらなすをひっくり返して
水で薄めためんつゆ、砂糖、しょうがを入れ、10分ほど弱めの中火で煮ます。



4、火を止めて味が染み込むまで少しの間放置して、完成です。


レンジで作るなすの煮浸し

(材料)
・なす2~3本
・ごま油大さじ2
・めんつゆ3倍濃縮大さじ2(2倍濃縮の場合は大さじ3)
・みりん大さじ2
・醤油大さじ1
・砂糖小さじ1
・酢小さじ1
・しょうがチューブ2~3cm



(作り方)

1、なすのヘタを取って縦半分に切り
表面に包丁でいくつか斜めの切り込みを入れます。

なすの大きさによって2~3等分してください。



2、耐熱容器になすを入れて、ごま油をまわしかけます。

油が全体になじむように箸でよく混ぜてくださいね。



3、耐熱容器にラップをかけて、600wで3分加熱します。



4、調味料を200cc以上の計量カップに入れ
全体で200ccになるよう水を加えます。



5、加熱したなすが入っている容器に調味料を加えます。
再度容器にラップをし、2分~2分30秒加熱したら完成です。


まとめ

なすの煮浸しは密閉した容器に入れて冷蔵庫で保存をすれば

あくまでも目安ですが、3~4日は日持ちすることが分かりましたね。



冷凍保存には向かない料理ですが

めんつゆや電子レンジを使えばより簡単に作れるので

毎回ささっと作るのも良いでしょう!



しょうがはなくてもおいしく作ることができますよ^^



ぜひ試してみてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする