バケツコンロを自作してバーベキューをさらに手軽に楽しくするコツ!

スポンサーリンク







バーベキューを楽しむためにはバーベキューコンロが必要です!



バーベキューコンロを持っていない人は

バケツを使ってコンロを自作するというお手軽な方法があります。



バケツコンロの自作は

DIYが趣味でない人でも簡単にできるので

ぜひこちらの記事を参考にチャレンジしてほしいです。



そこで今回は、バケツコンロを自作する方法を

ご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

バケツコンロを自作するための道具

バケツコンロを自作する方法の前に

準備する道具をご紹介しておきますね。



まず準備しておく必要があるのがバケツです。



100均でもバケツは売っているので

金属製のバケツを準備しましょう。



次に、バケツの底に置くようの網と

食べ物を置くようの網を用意しましょう。



また、バケツに穴を開ける必要があるため

電気ドリルも用意してください。



もし、電気ドリルがない場合でも

釘と金槌で穴を開けることができますよ。


バケツコンロを自作する方法!

それでは、バケツコンロを自作する方法について解説していきたいと思います。



①バケツの下側に穴を開ける

②バケツの底に網を置く

③バケツの上に網を置く



バケツコンロを自作する場合

まずは①のようにバケツに穴を開ける必要があります。



この穴は空気を入れるための穴で

空気を入れなければ、炭が燃えないため

この空気穴は絶対に必要です!



電気ドリルで開ける方法が一番簡単ですが

ない場合は大きめの釘と金槌で開けてください。



そして、②でバケツの底に網を置きます。



バケツの底にそのまま炭を置くと

すぐに底に穴が開いてしまうため網を置いておきましょう。



そして、炭を入れて燃やし③のバケツの上に網を置くことで

即席のバケツコンロを自作することができるんですね~。



必要な道具はほとんど100均で購入することができ

自作方法自体も簡単にできるものですよ。



そのため、バーベキューコンロがないけど

気軽にバーベキューをしたい人は

ぜひバケツコンロを自作してみてください。

スポンサーリンク

バケツコンロを自作するメリット

バケツコンロを自作するメリットは

安く自作することができることです。



ほとんどの道具が100均で購入することができ

そのため、安上がりでバケツコンロを

自作することができるんです。



また、自作する方法が簡単なのもメリットのひとつ

バーベキューコンロの自作方法はたくさんありますが

その中でも、バケツコンロの自作は非常に簡単にできます。



DIYが苦手な人でも簡単にできるのでおすすめですので

気軽にバーベキューコンロを自作したい人は

ぜひバケツコンロを自作してみてください。


バケツコンロを自作するデメリット

バケツコンロのデメリットは

耐久性が低いことが挙げられます。



そもそもバケツは、火を使うことを想定していません。



そのため、耐火性がないため

長時間使えばボロボロになってしまいます。



バケツの底に穴が開くことも考えられ危険もあるのです。



1回限りのバーベキューを楽しむなら大丈夫ですが

何度もバーベキューを楽しみたいなら

もっと耐久性のあるバーベキューコンロを自作するのがおすすめですよ。



また、バケツコンロは空気穴を自分で開けるため

開け具合によっては火加減の調整が難しくなるのもデメリットと言えます。


まとめ

今回は、バケツコンロの自作方法についてご紹介してきました。



バケツコンロの自作方法は簡単であり

穴を開けて網を置くだけで完成します。



しかも、必要な道具は100均で揃うものばかりで

気軽に自作することができるます。



ただし、バケツコンロは耐久性が低い点だけは注意してくださいね。



何度もバーベキューに使えるわけではないため

何度も使いたいなら別の自作方法がおすすめです。



まずは試しに、バケツコンロを自作してバーベキューを楽しんでみてください。



バーベキューコンロについては

こちらがおすすめです!

【超簡単!】ブロックとレンガで庭に自作!バーベキューコンロをdiy!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする