【ジムは不要?】毎日楽しい飽きないクライミングウォールを自作する方法は?

クライミングを楽しみたい方は自作でクライミングウォールを作ってみみたいと思うのではないでしょうか?自作のクライミングウォールは違った楽しさがあり毎日楽しめクライミングウォールを作った達成感とクライミング自体の楽しさと2倍嬉しいですね!今回は自作クライミングウォールの作り方をご紹介いたします!

スポンサードリンク


何かにのめり込むと

何でもやってみたくなり

良し!ホームセンターに行って



「自作してみよう!」



そんな方もクライミングウォールはチョットな~!

と躊躇してしまうのではないでしょうか?



そんな方のために

自作クライミングウォールの作り方をご紹介していきますので

順番に見ていきましょう!


クライミングウォールとは?



%e8%87%aa%e4%bd%9c%e3%82%af%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%9f%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%82%a6%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%83%ab


クライミングウォールを直訳すると「登る壁」であり

まさに文字通りの登るのが役目ですね!



クライミングウォールをご自身の家に作れば

クライミングを毎日好きな時に楽しむことができ

難易度もご自身の作り方次第でアレンジも可能なので

自作のクライミングウォール作りにチャレンジしてみましょう!



一度作ってしまえばずっと使えますからね^^




自作クライミングウォールに必要な物



%e3%82%af%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%9f%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%91%e3%83%8d%e3%83%ab


自作のクライミングウォールを作るには

まず「パネル」を用意しましょう!



「パネル」は壁の元になるので重要

もちろんホームセンター等でも購入できますが

クライミングウォール素材を扱っている専門店がありますので

そちらで購入するのもいいと思います!



ちなみにクライミングパネルはこちらで販売していますよ!

↓↓↓

自作クライミングウォールパネルやホールドなど素材販売!



次は「ホールド」を用意しましょう。

多彩の種類があるのでご自身に合ったホールドを選んでいきましょう!

難易度を考えるにもホールドは重要な役割を果たします。



ホールドを取り付けるのに「ボルト」「ナット」も必要で

ホールドを設置するのには

ネジで設置する

「スクリュウ・オン」



ボルト・ナットで設置する

「ボルト・オン」の2種類あるのですが



「ボルト・オン」の方が主流と言われているので

今回はボルト・オンの設置でご紹介いたします!




自作クライミングウォールの作り方!


1.パネルに穴を開ける


パネルにホールドを付けるために穴を開けましょう。

この穴の間隔によってはクライミングの難易度が変わってくるので重要です!



ご自身の思い通りのクライミングウォールを作る為には

この時点でしっかり計画を練って

どこにホールドを付けたいかを考えながら穴を開けましょう。

また、今後のことも考えて穴を開けるのも重要ですね!




2.ホールドの設置


ホールドがクライミングの途中で取れたら非常に危険なので

ホールドは爪付きナットでしっかり取り付けましょう。



慎重にナットを取り付けて緩みがないようにしてください。




3.パネルの設置


壁にパネルを設置するのですが

既存の壁に設置をする場合には

そのまま壁に貼り付けるのではなく骨組みを作成しましょう!



部屋の四隅に柱と天井と床の四辺に梁を作り

これなら賃貸でも壁に傷を付けずに

クライミングウォールを作れるので安心ですね!



作りたい一面には柱を追加しておきましょう。

そしてホールドを設置し終わったパネルを取り付けましょう。



柱にしっかりと釘で打ち込み

これもしっかりと釘を打ち込まなくては危険ですね!

ここは何をおいても慎重にしっかりと釘を打つようにしましょう!!




自作クライミングウォールの改良はいつすればいい?



342h


完成した自作クライミングウォールに飽きてしまったときには

改良を加えまていきましょう!



ホールドを少し変えるだけで

全く異なったクライミングを楽しめますし

ホールドは1個ずつでも売っているので

いろいろなホールドを試すのもいいですね^^



もちろんクライミングの難易度も変化してくるので

ご自身に合った難易度のクライミングウォールを作ってくださいね!




まとめ!



114h


クライミングを自宅でも気軽に楽しみたい方には

クライミングウォールを自作しまうのがおすすめです!



全体のイメージが出来てしまえば

意外と簡単に(時間と手間はかかりますが)

クライミングウォールを作ることができます!



ただ、注意すべき点は安全性を第一にクライミングウォールを作りましょう。

自作のクライミングウォールでクライミングを楽しむのは

きっといつもと違った楽しみがあるでしょうね^^



ぜひご自身に合ったクライミングウォールを作ってみてくだいね!



出来上がったウォールは

わが子に様にかわいいと思いますよ^^



更にクライミングを深堀したい!

そんな方にはかなり詳しい

ボルダリングも一緒に見られるこちらがおすすめですよ!

↓↓↓

クライミングの詳しいまとめページ!必読です!



また、こちらからもご覧いただけます!

↓↓↓

東京のクライミングジム厳選5!

クライミング女子におすすめなパンツはこれ!

【初心者にもOK!】クライミングパンツとシューズおすすめはこれ!

クライミング初心者のシューズとサイズ選びのポイント4つ!

クライミングシューズ2016年の新作を厳選7つ紹介!

クライミングシューズのリソール方法を詳しくご紹介!

クライミングウォールを自作する方法は?⇐今ここ

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク