箱根で大文字焼きが見える場所!定番・穴場スポット【5選!】

スポンサーリンク







大文字焼きと言えば『京都』

そんなイメージが強いとかと思います。



しかし、大文字焼きは全国各地で行われていて

なかでも、人気のある大文字焼きが箱根ですね!



箱根三大祭りのひとつに数えられている

「箱根強羅夏まつり大文字焼」では

箱根でも大文字焼きを楽しむことができるんです。



そこで今回は、箱根で開催される大文字焼きの

穴場スポットについてご紹介していきたいと思います!


箱根の大文字焼きのスポットについて

箱根の大文字焼きは

「箱根強羅夏まつり大文字焼」で見ることができます。



箱根強羅夏まつり大文字焼が開催される場所は

箱根町にある明星ヶ丘の山頂付近です。



明星ヶ丘の山頂付近に「大」の火文字が灯ります。



開催されるのは、2018年8月16日となっていて

毎年同じ日の8月16日に開催されているんです。



箱根強羅夏まつり大文字焼は歴史があり

1921年(大正10年)から続いています。



霊を慰める盆の送り火として、古くから箱根町で親しまれているのです。


箱根の大文字焼きが見える場所。定番・穴場スポット!

箱根の大文字焼きは比較的に様々な場所から見ることができます。



首都圏からのアクセスも簡単なので

気軽に大文字焼きを楽しむことができますね。



数多くある箱根の大文字焼きを楽しむことができるスポットから

おすすめの観覧穴場スポットもご紹介していきます。


①箱根強羅公園

箱根の大文字焼きを観覧する

おすすめスポットのひとつが箱根強羅公園です。



普段の閉園時間は17:00なのですが

箱根強羅夏まつり大文字焼のときには、21:00まで延長しています。



毎年多くの観覧客が訪れるスポットであり

箱根の大文字焼きの観覧スポットとしてはメジャーですね。


②強羅駅前イベント広場

強羅駅前イベント広場も人気のある観覧スポットです。



箱根強羅夏まつり大文字焼の当日には露店が多く出店されるため

大文字焼きだけでなく露店も楽しむことができ

まさに夏まつりといった雰囲気を感じることができますよ。



ただし、人が非常に多いため

人混みが苦手な人は避けた方がいいかもしれません。


③強羅駅から早雲山駅の沿線沿い

箱根強羅夏まつり大文字焼は

強羅駅から早雲山駅までの沿線沿いでも見ることができます。



強羅駅前イベント広場に比べて

人が少ないため人混みが苦手な人におすすめです。



ただし、立ち止まってみることができない場所もあるので注意してください。


④早雲山駅の展望テラス

早雲山駅にあるには早雲山展望テラスがあります。



早雲山展望テラスからは

強羅の街並みや明星ヶ丘を一望することができるんですね。



そのため、箱根強羅夏まつり大文字焼では

大きな「大」の文字を見ることができます。



ただし、早雲山展望テラスも人気がある観覧スポットであり

多くの人が訪れるので注意してください。


⑤餃子センター付近

箱根町強羅にある餃子センター付近からも

箱根の大文字焼きを見ることができます。



比較的に人が少ないため

ゆっくりと落ち着いて大文字焼きを楽しむことができます。



穴場的なスポットといえますね!



そのため、人混みが苦手な人におすすめの場所です。



なかでもおすすめは、レストランの近くにある階段の上です。


⑥強羅・花壇(穴場です)

こちらは強羅と彫刻の森の間に位置するお食事処で

本格的な懐石料理を堪能いただけます。



当日は観覧席を設けてくれていて

お食事をしながら大文字焼きを見ることができますよ^^



駐車場からも見ることができますが

予約をしてゆったり時間を過ごすには

絶好の穴場ポイントではないでしょうか?



予約連絡先:0460-82-3331



予約の際には「大文字焼を見れる時間に」

と一言せるようにしてくださいね。


⑦強羅駅周辺

ちょっと言い方が悪いかもしれませんが

箱根強羅夏祭り大文字焼は

都内の大きな花火大会などと比べると

そこまで混雑していないイメージでいいかな?と思います。



お手軽に見るのであれば「強羅駅周辺」

座ってみるなんて言うのも穴場とは言えませんがいいかもしれません。



会場からも近いですしね^^


⑧ハイアットリージェンシー箱根(けっこう穴場)

こちらは要予約で宿泊されるのであれば

屋上のテラスから見ることができます。

(宿泊者限定)



宿泊料金もそこそこしますし(4万円台)

もうすでに埋まっていて予約が取れない場合もあります。



もし記憶に残っていれば

来年は穴場スポットとして予約して宿泊するのもいいでしょうね^^


箱根強羅夏祭り・大文字焼の渋滞・混雑状況!

箱根・大文字焼き当日は

周辺は混雑と渋滞が予想されます。



また強羅駅周辺には車を止めるスペースはなく

「午後6時くらいには車での移動は困難になります」

と公式ホームページでも告知されています。



詳しい情報はこちらでご確認ください!

箱根強羅環境協会公式ホームページ



公式な駐車場として

箱根美術館の大駐車場が用意されています。


まとめ

箱根で行われる大文字焼きは毎年8月16日に開催される

「箱根強羅夏まつり大文字焼」です。



歴史のある大文字焼きとなっており

1921年(大正10年)から続いています。



そのため、古くから愛されているお祭りであり

箱根三大祭りのひとつに数えられているのですね。



そんな箱根の大文字焼きの観覧スポットはいくつかあり

おすすめは、「箱根強羅公園」「強羅駅前イベント広場」

「強羅駅から早雲山駅の沿線」「早雲山駅の展望テラス」

「餃子センター付近」です。



いずれの場所からでも

箱根の大文字焼きを思う存分楽しむことができるので

今年の夏はぜひ箱根の大文字焼きを観覧してみてくださいね^^



【関連記事】

東洋のモナコと言われる熱海の魅力とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする