バーベキューコンロを自作!ペール缶で作るならこの方法が簡単!

スポンサーリンク







バーベキューを自宅で楽しむなら自作するのがおすすめです!



自作バーベキューコンロは

様々な方法で案外簡単に自作することができますよ。



そこでおすすめなのが

ペール缶を使ってバーベキューコンロを自作する方法です!



今回は、ペール缶でバーベキューコンロを

自作する方法についてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

ペール缶でバーベキューコンロを自作するための道具

まずは、ペール缶でバーベキューコンロを自作する方法の前に

準備しておきたい道具をご紹介しておきます。



まずは、ペール缶を用意しましょう。



日本には18リットルもしくは20リットルのペール缶があり

どちらを使っても大丈夫です。



また

「ボルトとナット」

「角網」

「ステンレストレー」

「中華鍋」を用意してください。



ストンレストレーはペール缶の底用であり

中華鍋は炭入れ用です。



ペール缶以外は100均でも十分揃いますよ。



そのため、どれも簡単に揃えることができますね~。



他にも、ペール缶に穴を開けるための

電動ドリルとナットを締める「スパナ」もしくは「モンキー」が必要です。


ペール缶でバーベキューコンロを自作する方法について解説!

それでは、ペール缶を使った

バーベキューコンロの自作方法を解説していきましょう。



①ペール缶の底から数㎝のところに穴を開ける

②ペール缶の1/4ほどの高さに穴を開ける(向かい合った2面)

③網を乗せる



まずは、①のようにペール缶の底から

数㎝のところに穴を開けてください。



この穴は空気を入れるための穴となります。



この穴を開けなければ炭をしっかりと燃やすことができませんよ!



逆にあまり多く穴を開けてしまうと

火が燃えすぎるため注意してくださいね。



また②では、上から1/4くらいの高さに

向かい合った場所に穴を開けましょう。



この穴は網を乗せるためのものです。



そして、網を引っかけるためのボルトを付け

③で網を乗せてその上にステンレストレーを置いて中華鍋をセットします。



これで簡単に、ペール缶を使った

バーベキューコンロを自作することができます。



ぜひ、試してみてくださいね。

スポンサーリンク

ペール缶でバーベキューコンロを自作するメリットは?

ペール缶でバーベキューコンロを自作するメリットは

簡単に安上がりでバーベキューコンロを

自作することができることですね~。



バーベキューコンロを自作する方法は

他にもレンガを使った方法や

U字溝を使った方法などもありますが

それらよりも簡単に安く自作することができるでしょう。



カッコイイバーベキューコンロを自作したい人は

ぜひペール缶を使ってバーベキューコンロを自作してみてください。


ペール缶でバーベキューコンロを自作するデメリットは?

ペール缶を使ってバーベキューコンロを自作するデメリットは

火の加減が難しいことです。



空気穴を開けすぎてしまえば

火が強くなりすぎてしまいますし

逆に、穴を開ける数が少なすぎると

あまり火力が強くなりません!



このように、ペール缶を使って

バーベキューコンロを自作すると火加減の調整が難しいですね。



バーベキュー上級者なら

火加減を上手に加減することができるかもしれませんが

初心者では難しいため

通常のバーベキューコンロを使う方がいいかもしれませんね~。


まとめ

今回は、ペール缶を使ったバーベキューコンロの

自作方法をご紹介してきました。



ペール缶を使ったバーベキューコンロは

案外簡単に作ることができます。



準備する材料も簡単に手に入いりますし

安上がりでバーベキューコンロを自作することができますね。



そのため、バーベキューコンロを自作してみたい人は

ぜひペール缶を使って自作してみてください。



また、レンガやブロックを使ったバーベキューコンロについては

こちらの記事を参考にしてみてくださいね!

【超簡単!】ブロックとレンガで庭に自作!バーベキューコンロをdiy!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする