石見銀山周辺駐車場の気になる混雑と料金まとめ!

スポンサーリンク







島根県を代表する観光スポットのひとつ「石見銀山」



2007年に世界遺産に認定され一躍注目を浴び

ピーク時には年間観光客数が100万人近い人出で賑わいました。



近年ではピーク時に比べれば

多少落ち着きを見せつつある「石見銀山」の混雑ですが

ゴールデンウイークやお盆などの長期休暇などでは

駐車場渋滞が発生するなど多くの人が訪れます。



そこで今回は、「石見銀山」周辺の

駐車場・混雑情報を徹底解説!



気になる料金もご紹介いたします。


石見銀山の駐車場・混雑緩和に対する大田市の現在の取り組み

2007年の世界遺産登録後の2~3年は

大変な混雑で平日でも駐車場待ち渋滞が発生していましたが

現在はゴールデンウイークやお盆などの

大型連休以外であれば比較的スムーズに駐車できます。



なお、石見銀山のある大田市では

車での石見銀山観光の際は「パーク&ランド」方式を推奨しています。



「パーク&ライド」方式とは最寄り駅等の周辺駐車場に車を止め

公共交通で行くというもので、環境保全の一環として導入しています。



そもそも石見銀山遺跡は

自然との共存の中で栄えた銀鉱山であり

その産業の衰退とともに遺跡が

周囲の自然に溶け込みながら残っているため

石見銀山の価値は遺跡とそれを取り巻く自然

そこに住む人々との調和した姿と言えます。


石見銀山のメイン駐車場と料金

石見銀山観光でメーンとなる駐車場は「石見銀山駐車場」です。



この駐車場は「石見銀山世界遺産センター」に併設しており

第1駐車場から第3駐車場まであります。



第1駐車場は乗用車99台

予約バス11台

障害者用5台

第2駐車場は乗用車38台

第3駐車場は乗用車250台が収容可能で、料金は無料です。


路線バスの料金

「石見銀山駐車場」から「羅漢寺」や

「石見銀山資料館」など主な観光スポットへは

歩いて行けますが路線バスも運行しています。



なお料金は「石見銀山世界遺産センターバス停」から

「大森バス停」まで200円。

「大森代官所跡」まで240円です。



平日には30分おきで、週末には15分おきにバスが運行しています。


その他の駐車場(銀山公園駐車場・代官所跡前)

「石見銀山」には「石見銀山駐車場」以外にも

「銀山公園駐車場(観光協会前)」と

「代官所跡前」の2ヶ所の駐車場があります。



ただし、この2つの駐車場は観光バスやタクシーの

乗り降りがメーンとなっているため

「銀山公園駐車場」は収容台数約20台。



「代官所跡前」も10台とスペースが小さくすぐに満車となり

「石見銀山駐車場」へと誘導されることがしばしばです。



またこの2つの駐車場は「石見銀山」エリアの中央に位置しているため

地域住民の方や歩行の旅行者とすれ違うこともあり

迷惑となるのであまりおすすめはしません。


石見銀山を効率よく観光する方法!

そもそも「石見銀山」は街並みなどを楽しむ観光スポットで

観光の起点となるのは「石見銀山公園」となっています。



「石見銀山公園」には観光案内所があり

散策マップなどが貰えます。



またこの「石見銀山公園」は

大森の街並みが続く「街並みコース」と

「石見銀山」の坑道が見られる「龍源寺間歩」をゴールとする

「銀山コース」の分岐点となっているので

「石見銀山駐車場」に駐車した後は徒歩

または路線バス(大森バス停下車)で、「石見銀山公園」を目指してください。



「石見銀山公園」から2つのコースを徒歩で

制覇する場合は約3時間かかりますが

「大森バス停」近くにはレンタル自転車が用意されており

通常の自転車なら3時間500円

電動自転車で2時間700円で借りることができます。



レンタサイクルに関してはこちら。

石見銀山観光はレンタルサイクルがおすすめ!コースや料金まとめ!



また「石見銀山公園」からベロタクシーも運行しています。



「龍源寺間歩」までの片道で大人2,200円

往復で4,100円。「代官所跡前」までの片道で大人1,000円、往復1,300円です。



ベロタクシー石見銀山


まとめ

今回は「石見銀山」の駐車場についてご紹介しました。



ポイントはゴールデンウイークやお盆以外は

比較的混雑していないということ。



「パーク&ライド」方式を採用しているとういうことです。



ぜひこの記事を参考に「石見銀山」観光を楽しんでいただければ幸いです。



【関連記事】

石見銀山を観光するなら?見どころや所要時間・周辺のスポットも詳しくご紹介!

石見銀山観光まとめ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする