松江市から行く石見銀山へのおすすめ観光スポットと所要時間まとめ!

スポンサーリンク







神々の総本山「出雲大社」や

世界遺産の「石見銀山」などの観光名所を有する島根県。



どうしても時間がないという方に

おすすめの島根県観光弾丸日帰りコースと

その所要時間をご紹介します。

スポンサーリンク


松江市を出発点としたおすすめの観光ルートとその所要時間まとめ!

1.松江市のシンボル「松江城」【所要時間:1時間】

まずは、松江市のシンボル「松江城」を観光します。



千鳥が羽根を広げたように見える屋根の形から

別名「千鳥城」とも呼ばれている「松江城」



天守閣からは松江市街や宍道湖が一望できます。



全国に現存する12天守の一つで

天守の平面規模では2番目

高さでは3番目

古さでは5番目を誇ります。



なお2015年7月、国宝に指定されています。



・松江城

住所:島根県松江市殿町1-5

問合せ:0852-21-4030(松江城管理事務所)

入場料:大人560円、小中学生280円

松江城公式ホームページ


2.島根のパワースポット「出雲大社」【所要時間:1時間】

「松江城」から山陰自動車道を利用して

車で約1時間の場所にある「出雲大社」



1744年に建てられた本殿は「大社造り」と呼ばれる

日本最古の神社建築様式です。



また神楽殿の重さ5tの「大注連縄」は

もちろん日本一で圧巻の存在感です。



なお縁結びの神様「大国主大神」が祭られていて

参拝方法は一般の神社とは異なり「二拝四拍一拝」です。



・出雲大社

住所:島根県出雲市大社町杵築東195

問合せ:0853-53-3100

出雲大社公式ホームページ

スポンサーリンク




3.世界遺産「石見銀山」【所要時間:2時間】

「出雲大社」から再び車で約1時間

お目当ての世界遺産「石見銀山」に到着です。



おすすめの観光スポット石見銀山の歴史や

鉱山が学べる「石見銀山世界遺産センター」と

唯一一般公開されている坑道の「龍源寺間歩」です。



「龍源寺間歩」は1715年に開発された坑道で

内部はノミで掘った跡がそのままの状態で残っている貴重なスポットです。



・石見銀山世界遺産センター

住所:島根県大田市大森町イ1597番地3

問合せ:0854-89-0183

料金:大人500円、小人200円

石見銀山世界遺産センター



・龍源寺間歩

住所:島根県大田市大森町

料金:一般410円、小人200円


4.旅の締めは日帰り温泉「玉造温泉」【所要時間:1時間】

旅の締めはやっぱり温泉!



多くの温泉を有する島根県ですが

なかでも一押しが「玉造温泉」です。



神の湯とも称された優れた泉質で日本最古の美肌の湯です。



石見銀山からは松江市へと戻る道中にあります。



玉造温泉HP


5.観光ルート所要時間

今回ご紹介した観光ルートの所要時間です。



仮に「松江城」を9時から見学するとしたら

9時「松江城(1時間)」→車で1時間→11時「出雲大社(1時間)」+ランチ(1時間)→車で1時間→13時「石見銀山(2時間)」→車で1時間30分→16時30分「玉造温泉(1時間)」→車で15分→松江市


まとめ

今回は島根県の主要観光スポットを巡る

所要時間をご紹介しました。



おすすめルートでは出雲大社でランチタイムとなります。



ぜひとも出雲そばを召し上がっていただければ幸いです。



なお、あくまでも今回ご紹介したのは観光ルート案で

その他にも松江市内の「堀川遊覧船」や

出雲大社と隣接している「島根県立古代出雲歴史博物館」

石見銀山で亡くなった人々を

供養するために建立された「羅漢寺」の「五百羅漢」など見どころ満載。



ぜひ、日帰りと言わず、1泊2日の旅で島根県を満喫してください。



【関連記事】

石見銀山を観光するなら?見どころや所要時間・周辺のスポットも詳しくご紹介!

石見銀山観光はレンタルサイクルがおすすめ!コースや料金まとめ!

石見銀山観光まとめ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする