海外でも通じるかっこいい男性の名前!その付け方とは?人気なのはどれ?

スポンサーリンク




グローバル社会が進む中で

海外でも活躍する日本人が増えています。



自分の子供も海外で活躍してほしいと願い

名前を付ける人もいるのではないでしょうか?



そんな方は海外でも通じる

かっこいい名前を子供に付けるべきですね。



そこで今回は、男の子で海外でも通じる

名前の付け方や注意点などについてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

男の子で海外でも通じるかっこいい人気の名前

まずは、男個で海外でも通じるかっこいい

人気の名前を紹介していきましょう!



まず、海外でも通じる男の子の人気の名前は

「ショウ(Sho)」ですね。



発音がしやすいため、海外でも通じるのが特徴で

日本では、「翔」「将」の漢字を当てることができます。



有名人も多く、綾小路翔さんや櫻井翔さんなどいます。



また、「ケン(Ken)」も

日本でも海外でも通じる人気の男の子の名前になりますね。



英語圏でも、ケンは発音しやすいため海外でも通じるんです。



日本でも「健」「謙」「賢」などの漢字を当てることができ

有名人にも、渡辺謙さんや石黒賢さんらがいますので

名前の認知度としても高いといえるでしょう!



ショウ・ケンともに、日本でも海外でも通じる人気の名前なのです。



また、2文字というところに

呼ばれた時のかっこよさが感じられると思います!


海外でも通じるかっこいい名前の付け方!そのポイントは?

海外でも通じる名前の付け方は

発音のしやすさが大事です。



日本語は独特であり海外の方だと発音にくい場合があります。



そのため、海外の方でも発音しやすい名前を付けるのがポイントで

具体的には、日本語の「ラ行」や「ツの音」が発音しにくいとされていて

「ラ行」に関しては

日本人でも滑舌が悪い人は苦手ですし

発音し似にくい方が多いでしょう!



そのため、海外の方も発音しにくい音となります。



また「ツ行」に関しては

音として存在していない国があります。



そのため、ツの音もできれば避けるべきでしょう。



海外でも通じる名前の付け方としては

海外の方でも発音しやすい名前を付けるようにすると

かっこいい響きになるといえますね。

スポンサーリンク


かっこいいばかりじゃダメ!海外でも通じる名前を付けるときの注意点とは?

海外でも通じる名前の付け方には

注意すべき点がいくつかあります。



かっこいいだけではダメなんですよね~!



まずは、スペルに気を付けるべきで

発音に気を取られるあまり

スペルまで気が回らないひとがいるそうです。



しかし、スペルも注意すべきポイントで

例えば、「ゆうだい」だと「You die」となってしまいますし

これでは、死を連想させる名前となってしまい

悪印象を与える名前になってしまうこともあります。



そのため発音だけでなく

スペルにも注意することをお忘れなく!



また、語尾も注意すべき点のひとつで

海外では名前の語尾で

男女区別するパターンがあります。



「ア(a)」で終わると女の子の名前であり

「オ(o)」で終わると男の子の名前

と区別していることがあるのです。



そのため、できれば語尾まで注意して名前を付けるのがポイントになります。


海外でも通じるカッコよくて呼びやすい名前!

最後に、海外でも通じるカッコよくて呼びやすい

男の子の名前を紹介しておきましょう。



まずは「ジュン(June)」です。



日本語で6月という意味ですが

海外でも発音しやすいです。



日本では「純」「潤」「順」などの漢字を当てることができ

芸能人でも松本潤さんや井上順さんらがいます。



また、「ジン(Jean)」も海外で通じる

カッコよくて呼びやすい名前でしょう。



海外でも発音しやすくて

呼びやすい名前です。



日本では「仁」「陣」などの漢字を当てることができますし

芸能人では、赤西仁さんがいますね。



海外でも通じるカッコよくて呼びやすい名前としては

「ジュン」「ジン」は間違いなくおすすめと言えるでしょう。

スポンサーリンク


まとめ!

海外で活躍する日本人が増えています。



それだけに、自分の子供も海外で活躍することを願い

海外でも通じる名前を付けると考える方が多いのも理解できます。



そして、海外でも通じる名前の付け方としては

発音やスペル、語尾の音に注意するべきですね。



海外の方でも呼びやすい名前を付け

また、呼ばれた時のフレーズというか

響きも検討するとよりいいですね~!



そして最後に

海外では日本と同じように

ニックネームを付けることがあり

ただ、文化の違いか

付ける感覚は全然違います。



そう考えると

実際に子供が海外で活躍するときに

ニックネームで呼ばれることもありますから

呼びやすく、呼ばれやすい名前にすることが

大切ではないでしょうか?



少し前に「キラキラネーム」が流行りましたが

そうした付け方よりも

シンプルにしたほうがいいというのが

海外でも通用するポイントと言えるでしょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク