高級旅館では心付けをするべき?相場やその理由について詳しくご紹介!

スポンサーリンク







日本には全国に数多くの旅館があります。



旅館の中でも、最高のおもてなしをしてくれるのが高級旅館です。



高い宿泊料金も納得の質・サービスを誇る旅館であり

普段の疲れを癒してくれる

そんな高級旅館に訪れた際に悩むのが心付けではないでしょうか?



高級旅館に宿泊するときには

仲居さんに心付けをする人も多いことでしょう。



しかし、本当に渡すべきなのか?

また相場はいくらぐらいなのか?

不安になりませんか。



そこで今回は、高級旅館での心付けについて詳しくご紹介いたします。

スポンサーリンク


高級旅館での心付けについて

高級旅館に宿泊するときは

心付けをしなければいけないと考えている人が多いです。



しかし、これは間違った認識であり

絶対に心付けをしなければならないわけではありません。



なぜなら、基本的に旅館の料金にはサービス料が含まれています。



そのため、無理に心付けを渡す必要はないのです。


高級旅館で心付けをする理由

無理に渡す必要はない心付けですが

それでも高級旅館に宿泊すると渡す人がいます。



高級旅館で心付けをする理由は

お世話をしてくれる「感謝」を

仲居さんに伝えるために行なっているのです。



そのため、無理して心付けはしなくてもよいのですが

仲居さんに感謝する場合に渡せばいいのです。



また、旅館側に対して無理なお願いやわがままを

お願いする場合は心付けを渡すのがいいでしょう!



いずれにしても、感謝の気持ちを伝えるのが心付けをする理由なのです。


高級旅館で心付けする際の相場

いざ高級旅館で心付けを渡そうと思っても

相場がわからない人もいることでしょう。



最初に紹介したように

心付けはしなければならないものではありません。



そのため、金額についても決まりはありませんが

一般的な相場としては

1組2,000円~3,000円ほどです。



団体客の場合は、5,000円や1万円など

キリの良い数字で渡すことが多いです。



また、渡す際には、ポチ袋や封筒に入れるのが一般的であり

場合によってはティッシュに包んで渡す人もいます。

スポンサーリンク


高級旅館で心付けをするタイミングは?

高級旅館で心付けを渡すタイミングとしては

部屋に通されて館内の説明を受けた後が一般的です。



高級旅館では、担当の仲居さんが部屋に通してくれて

一通り説明することが多いです。



そのため、その説明を聞いた後に渡せば

スムーズに心付けを渡すことができます。



とくに決まりはないのですが

渡す際には「お世話になります」と一言添えるのがおすすめですね。



また、旅館によっては、心付けは一度断る

などのルールもあったりするようですので

こうしたことは知っておいたほうが良いでしょう!


高級旅館の心付けは現金だけじゃない?

高級旅館での心付けは、現金である必要はありません。



何度も言いますが心付けは

感謝の気持ちを伝えるものであり必須ではありません。



そのため、感謝の気持ちを伝えるためなら

お菓子などを渡すのも問題ないのです。



ただし、もらっても邪魔にならないものや

迷惑にならないものを渡すようにしましょう。



そのため、心付けとしては現金かお菓子がベストです。



無難に心付けを渡すなら

現金にしておくのがおすすめですね。


まとめ

高級旅館に宿泊するときは、心付けを渡す人が多いです。



仲居さんは接客のプロであり

心付けの有無でサービス内容が変わることはありません。



また、心付けは無理して渡す必要はありません。



あくまでも、心付けは仲居さんへの

感謝の気持ちを伝えるための手段なのです。



ですから、感謝の気持ちがあるときには

心付けを渡すのがいいでしょう!



いずれにしても、心付けに決まりごとはありませんし

金額や渡し方も自由なので

心付けを渡すときにはあまり心配しないで

仲居さんに渡すようにしてください。



【関連記事】

旅館での心付けはお菓子も立派なもの!現金・チップがすべてじゃない!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする