アサリの砂抜きに一番いい時間の目安は?裏技もご紹介!

スポンサーリンク







<時短も可能!アサリの砂抜きに必要な時間の目安と正しいやり方>

和食から洋食まで幅広いレシピで活躍するアサリですが

砂抜きが面倒でついアサリを敬遠してしまう!

という方も少なくないでしょう。



アサリの砂抜きには時間がかかってしまうイメージがあって

すぐには調理できないのではないかと思ってしまいますよね!



しかしアサリの砂抜きはコツさえ覚えてしまえば

難しいことではありません。



こちらではアサリの砂抜きに

必要な時間の目安や正しいやり方をご紹介します。

スポンサーリンク

アサリの砂抜きに必要な時間の目安と正しいやり方は?

あさりの砂抜きに必要な時間は?

アサリの砂抜きは、潮干狩りでとってきたものと

スーパーで売られているものでは必要な時間が異なります。



潮干狩りでとってきたものや

全く砂抜きがされていないものは

7、8時間は砂抜きをしましょう!



砂抜きをしている途中で一度水をとりかえることで

アサリが一度吐き出した砂利を

再び吸い込んでしまうことを防ぎます。



スーパーで売られているものは

元々砂抜きがされているものが多いですが

それでも完全ではないことが多い為

3、4時間は砂抜きをすることをおすすめします。


塩水に塩分濃度

アサリの砂抜きには必ず塩水を使うようにしましょう。



潮干狩りの場合は

アサリを取った場所の海水を

そのまま持ち帰って使うと

自宅で塩水を作る必要がありません。



スーパーで購入した場合は

自宅で作る塩水の塩分濃度に気を付けてください。



塩水の目安は【約3%】です。



これは水500mlに対して塩大さじ1の割合です。



塩は混ぜてよく水に溶かしてくださいね。



水の量があまり多いとアサリは呼吸ができないので

アサリの顔が水面からでないぎりぎりの量が適していますよ。


広めのトレイに並べていれる

アサリ同士が重ならないように

広めのトレイなどに並べて入れましょう。



重ねて入れてしまうと

上のアサリが吐いた砂利を

下にいるアサリが吸い込んでしまいます!



また、お皿や新聞などで

蓋をすることで光が入るのを防ぎましょう。



アサリは暗い環境の方がより積極的に砂を吐き出しますよ。


うまみが増える裏技とは?

砂抜きをしたあさりを自ら引き上げ

空気に触れさせることで

うまみ成分であるコハク酸をより増やすことができます。



砂抜きをしたアサリを水で洗い3時間程置いておきましょう!

スポンサーリンク

時短でできるアサリの砂抜き裏技!

買ってきてすぐに料理に使いたいという方には

簡単にできるアサリの砂抜き方法があります。


お湯を使った砂抜き

アサリは塩水で一晩砂抜きをするのが一般的ですが

お湯を使えば短時間で砂抜きをすることができます。



塩を入れていない50度前後のお湯を用意し

よく洗ったアサリを15分程漬けておきます。



手で触ると熱いくらいが丁度いい温度ですね。



ぬるすぎると雑菌が繁殖し

熱過ぎると出汁が出て行ってしまうので注意しましょう!



砂抜きをした後は

アサリの殻と殻をこすり合わせるようにしてよく洗いましょう。


冷凍しておく

あらかじめ砂抜きをしたアサリを冷凍しておくことで

使いたい時にすぐに調理をすることができます。



アサリは空気がなるべく入らないように

ジップロックに小分けにして入れた後

タッパーなどにいれてください。



空気が入ることで霜ができたり

乾燥の原因になりますので気を付けてくださいね。



解凍してから調理をすると

アサリの口が開かないので

解凍はせずにそのまま調理しましょう。

スポンサーリンク

まとめ

春になると潮干狩りシーズンが始まり

アサリを食べる機会は増えると思います。



せっかくの美味しいアサリは

なるべくしっかりと砂抜きをして食べたいですよね!



アサリは栄養もたっぷりと入っていますので

ぜひ色々な料理に活用させて欲しいと思います。



以上、アサリの砂抜きに必要な時間の目安と

成功させやすくなるコツをご紹介しましたので

参考にしてくださいね^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

最大75%OFF!テーマパークをお得に楽しむならこれ!