海外で通じる名前女の子人気ランキングと意味も紹介!【30代の親向け適切な付け方】

スポンサーリンク







グローバル社会が進み名前の付け方も

海外で通じる名前を付ける親御さんが多くなってきています。



海外では、日本独自の名前は呼びにく

そのため、海外でも呼びやすい名前が人気となっていますね!



そこで今回は海外でも通じる

女の子の名前や意味についてご紹介していきたいと思います。


海外でも通じる人気の女の子の名前は?

まずは、海外でも通じる

女の子の名前を具体的にご紹介していきましょう。

アン(Ann)

人気が高いのが「アン(Ann)」です。



外国の方でも発音がしやすいため

海外でも通じる名前となっています。



しかも、日本でも女優の杏さんのように

全く違和感がない名前となっていますね。


ルナ(Luna)

また「ルナ(Luna)」も人気が高いの女の子の名前で

Lunaはローマ神話で月の女神の意味であり

海外でも通じる名前になります。



日本なら「瑠奈」「瑠菜」「瑠那」などで表すことができ

競泳選手の今井月さん等が有名です。



ルナは、海外でも日本でも通じる人気の名前となりますね。。


海外でも通じる名前の付け方とは?

海外でも通じる名前の付け方は

海外の人でも発音しやすい名前にすることです。



日本語は独特なだけあり

純和風の名前は海外の人にとって

発音しにくいことが多いですね~。



そのため、海外でも通じる名前を付けるなら

海外の人でも発音しやすい名前を付けるべきなのです!



海外で発音がしにくい名前は

「ラ行」や「ツ」となります。



ラ行は日本人でも苦手な人がいると思いますし

ツの発音がない国もあるのです。



そのため、基本的には

「ラ行」や「ツ」が付かない名前を付けるのがポイントになりますね!



海外でも通じる名前の付け方は

海外の人でも発音しやすい名前にするのがいいでしょう。


海外でも通じる名前を付けるときの注意点とは?

海外でも通じる名前を付けるときの注意点は

スペルをしっかりと考えることです。



発音にばかり気を付けていると

スペルを見落としがちになります。



しかし、スペルによっては海外で悪印象を与える名前があります!



例えば「ひとみ」=「Hit me」と聞こえてしまい

海外では悪印象を与えてしまうのです。



そのため、海外でも通じる名前を付けるときは

スペルまでチャックするべきでしょうね~。



また、名前の語尾も注意点のひとつになり

海外だと名前の語尾で

女の子・男の子を区別することがあります。



女の子は「ア(a)」男の子は「オ(o)」の

語尾で区別するところがあるのです。



そのため、できれば語尾も注意して名前を付けるのもポイントですね。


女の子で海外でも通じるかわいい・呼びやすい名前もご紹介!

海外でも通じる名前でかわいい・呼びやすい女の子の名前は

「サラ(Sarah)」です。



「Sarah」は海外でプリンスを意味するため

かわいい名前と言えるでしょう。



しかも、呼びやすいので海外でも通じる名前ですね^^



日本人ではスキージャンプの高梨沙羅さんが有名です。



「リナ(Lina)」もかわいくて呼びやすい女の子の名前で

「Lina」は海外で柔らかいという意味を持っています。



そのため、かわいい雰囲気を

出すことができる名前でありしかも呼びやすいですね!



日本では「里菜」「莉奈」「理奈」などがあり

漢字のバリエーションもありますから

日本でも海外でもかわいい名前で呼びやすいので

おすすめの女の子の名前と言えるでしょう。


海外で人気の高い女の子の名前ランキング!

こちらでは海外で人気の高い名前を

ランキングから抜粋してご紹介していきますね。。


  • Ann(アン)
  • Sarah(サラ)
  • May(メイ)
  • Luna(ルナ)とは月の女神という意味
  • Ray(レイ)光という意味
  • Emma(エマ)宇宙・すべてを抱える
  • Hiro(ヒロ)編む結ぶ
  • Lina(リナ)柔らかい
  • Sakura(サクラ)
  • Marika(マリカ)女王花飾りの少女
  • Hanna(ハナ)恩恵・恵
  • Marine(マリン)海
  • Rena(リナ)女王喜び
  • Emily(エミリー)賞賛する賛美する
  • Meg(マグ)マーガレット
  • Julie(ジュリ)若い
  • Karen(カレン)純粋な
  • Naomi(ナオミ)快適な喜び
  • Eli(エリ)光り・慈悲
  • Makana(マカナ)プレゼント贈り物


等々・・・



ギリシャ語起源やイタリアではそう言った意味がある

といった深い意味もご紹介いたしました。



ご自身のお子様に名前を着けるときにも

参考になりそうですね~^^



しかしこうして見てみると

代表的なものが多くて

ほかの子と被ってしまうことを懸念されませんか・・・?



ほかに名前の付け方のアイデアがあれば良いのですが!


海外では名前が微妙なあだ名・ニックネームになる?

ここではいいアイディアのヒントになればと

ニックネームについて考察したいと思います。



海外では日本人には理解不可能な

名前に対するあだ名やニックネームを使っています。



ほかの子と名前が被ることも検討しつ

ニックネームを見ていきましょう!


名前を短くする【最初の音節を使う】

一般的なあだ名の付け方ですが

初めの一文字を使い短くしています。



Nancy(ナンシー)→ Nan(ナン)


2名前を短くする【最後の音節を使う】

こちらも同じように

最後の一文字を使って名前を短くしたニックネームです。



Elizabeth(エリザベス)→ Beth(ベス)


呼び方の語尾に【Yを付ける】

名前の最後に【Y】をつけて

呼びやすく、かつキャッチーな印象になりますね。



Katherine(キャサリン)→ Kathy(キャシー)又は Kate(ケイト)


呼び方の語尾に【ieを付ける】

こちらも同じように

名前の語尾に【IE】をつけて

親しみやすい印象のニックネームになっています

Jennifer(ジェニファー)→ Jennie(ジェニー)又は Jenny(ジェニー)
Sophia(ソフィア)→ Sophie(ソフィー)


ここまでくるともはや自由でしょう~!「2段階変換」

本名には関係ないようなあだ名の付け方で

代表的なのは

「ロバート」➡「ボブ」

「ウィリアム」➡「ウィル」➡「ビル」

等という感じです。



ここまでくると日本人の感覚には

なじみがありませんね~



女の子の場合こうした2段階変換もあるそうで
  • Elizabeth(エリザベス)→ Beth(ベス)→ Betty(ベティー)
  • Margaret(マーガレット)→ Meg(メグ)→ Peg(ペグ)又は Peggy(ペギー)


海外でのあだ名やニックネームを見ていただきましたが

こうした風習がある海外なので

初めから意識した名前を付けることも大切ですが

海を渡った時に

海外ではニックネームが正式な名前として通用する

ことを知っておけばそう思い悩むことも少なくなるのではないでしょうか?



このことはWikipediaに詳しく掲載されていますので

一度確認しておいてもいいと思いますよ^^

海外のニックネーム


実際にあった海外の方からつけられた名前の話

私の知り合いに「ひであき」という名前の人がいます。

彼は国内で、ある販売系のお仕事をしているのですが

時々海外のお客様がいらっしゃるそうです。



もちろん英語は話せません!



あるとき何度も来られる海外のお客様に

名前を聞かれたそうです。



「ひ・で・あ・き」とゆっくりと伝えたそうですが

相手は言えなかったそうです。



それではと、メモ用紙にアルファベットで

「hideaki」と書いたものを手渡すと



【oh~~~!hide(hyde)「ハイド」】



と言われたそうです!



それ以来彼は、そのお客様から

「ハイド」と呼ばれているとかで・・・



こうして考えてみると

海外では私たち日本人が考えるより

予想を超えた常識で名前が

付けられることもあるということを表しているように思います。。


これは余談ですが・・・

これは完全に余談ですが

私は占いが好きでいろいろと凝って

本を読み漁ったことがありました。



その中で面白い名前にまつわる話がありまして・・・



ある高名な占い師によると

「人間の人生は生まれてくる日にちと時間によって90%は決まっている。残りの5%が名前によるもの。残りの5%が本人の努力によるもの」

という話でした。



おまけにその占い師の話では

「生まれてくる日と時間を変えれば運命も変えられる。その子は何月何日に生まれるといい人生を歩むことができる」



嘘のような・・

本当のような・・・



これは本で読んだ話なので

真意は分かりませんが

お子さんのことを思い

海外で通じる名前を付けることにデリケートになるよりも

せめて字画や画数を見て日本で通用する名前を付ける!

といったくらいで十分ではないかと思います。



そしてもう一つの名前の付け方のポイントとして

以前キラキラネームというのが流行ったことがありました。



親としては「カッコいい」や「かわいい」と思い

付けたのでしょうが、結果は・・・



【学校で先生が名前を読めない・・・・・・・!】



確かに素晴らしい名前が中にはあると思いますが

日本人であれは

呼びやすく、かつ簡潔で響きがいい!

というポイントを抑えて付けるのが

その子の将来のためになるのではないかと思いますがいかがでしょうか?


お子さんを授かる前に

子育てって楽しいですが大変なことも多いですね。



初めてのお子さんであれば未経験のため

戸惑うこともあるかと思います。



そんなときのためにあらかじめ

こうしたもので学んでおくといいのではないかと思います。



こちらはソニーの創業者・井深大氏が書いた

楽天で購入できる子育てに関する本です。



井深さんは生前、子育てに非常に力を入れていたといわれています。



名前を付ける以上に井深さんの考えに触れておくことは

その後の子育てに役立つと思いますよ。


幼稚園では遅すぎる新装版 人生は三歳までにつくられる!  



読んでおいて損はない内容です。



また、海外で通じる名前について

いろんな角度から紹介しているブログがありますので

こちらも参考にしてください。

➡海外で通じる名前男の子・女の子


アメリカ・ハーフで外国っぽい男の子・女の子の愛称も紹介していますよ!


まとめ

海外でも通じる名前の付け方としては

海外でも発音しやすい名前を付けることですが

注意点としては、スペルに直して

おかしくないのかと語尾の音が挙げられます。



発音に気を付けるあまり

スペルに直したときに海外では

おかしい名前になることがあります!



そのため、スペルもしっかりとチェックしましょう。



海外で通じる女の子の名前としては

「アン」「ルナ」「サラ」「リナ」などがありますが

いずれも発音しやすくかわいい名前なので

検討してみてはいかがでしょうか?



また男の子については

こちらに詳しい記事がありますので

参考にしてくださいね。

海外でも通じるかっこいい男性の名前!その付け方とは?人気なのはどれ?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

最大75%OFF!テーマパークをお得に楽しむならこれ!