旅館での心付けはお菓子も立派なもの!現金・チップがすべてじゃない!

スポンサーリンク







日本には多くの旅館があります。



旅館を利用するときには「心付け」を

気にする人がいると思います。



心付けとは、海外で言う「チップ」と同じですね。



これは旅館の仲居さんなど従業員に対し

「お世話になります」という気持ちを表しています。



多くの人が、心付けは現金で渡すと思いますが

現金じゃないといけない、というわけではありません!



お菓子も立派な心付けであり

心付けとしておすすめなのでその理由をご紹介いたします!


旅館の心付けでお菓子はあり!

旅館に宿泊する場合の心付けは

現金でポチ袋や懐紙に包んで渡すのが一般的です。



しかし、心付けは現金ではなくお菓子にしても大丈夫です。



そもそも、心付けは絶対にしなければならないものではありませんし

あくまでも「感謝の気持ち」を伝えるものなのです。



そのため、感謝の気持ちを伝えるために

お菓子を渡すというも立派な「心付け」となります。



ぜひ、心付けとしてお菓子を渡してみてください。


旅館の心付けのお菓子は何がいい?

旅館への心付けとしてお菓子を渡す場合

どんなお菓子を渡せばいいのか迷うと思います。



心付けとしてお菓子を渡すなら、住んでいる地元の銘菓がおすすめです。



地元の銘菓なら、なかなか手に入らないため

仲居さんも喜んでくれます。



せっかく心付けを渡すなら喜ばれるお菓子を渡すべきですね。



そのため、地元の銘菓を心付けとして渡してみてください。



また、地元の銘菓以外でも

旅館の売店や温泉街などで購入したお菓子でも大丈夫ですよ。


旅館でお菓子を心付けで渡す場合の料金は?

旅館でお菓子を心付けとして渡す場合

どんな金額のお菓子を渡すべきか悩みます。



心付けの料金は、1,000円~3,000円ほどが一般的です。



そのため、お菓子を心付けとして渡す場合も

おおよそ1,000円~3,000円のお菓子がおすすめとなっていますね。



また、お菓子を選ぶ際には

みんなで分けることができるお菓子を選ぶべきでしょう!



お菓子で心付けをもらった場合

仲居さんたちは仲間うちで分けてたべる場合が多いようですので

できるだけ分けることができるようなお菓子で

1,000円~3,000円ほどの金額がおすすめとなっています。


旅館でお菓子を心付けで渡す場合のタイミングは?

旅館でお菓子を心付けとして渡す場合

渡すタイミングはとくに決められていません。



そのため、いつ渡しても問題はありません。



ただ、一番多いタイミングとしては

「旅館に到着し、お部屋でお茶を出されたタイミング」です。



仲居さんが一通り館内の説明をして

部屋から出ていくときに渡すのが

スムーズでベストのタイミングとなりますね。



とくに決められたタイミングはないため

他のタイミングでも問題ありませんが

渡すときは仲居さんが困らないタイミングにしましょう。



忙しいときに渡されても、仲居さんが困ってしまうため

タイミングを見計らって渡してください。



また、渡すときは「お世話になります」

と笑顔で言いながら渡せば大丈夫です。



とくに問題なく受け取ってくれますよ。



笑顔で渡すことで、仲居さんも気持ちよく受け取ってくれるはずです。


まとめ

高級旅館などに宿泊する場合、心付けを渡す人がいます。



心付けは現金だけでなく

お菓子を心付けとして渡す方法もあります。



お菓子を心付けとして渡す場合

住んでいる地元の銘菓がおすすめです。



なかなか手に入らないため

仲居さんも喜んでくれますよ。



また、心付けの金額としては1,000円~3,000円ほどが一般的のため

1,000円~3,000円ぐらいのお菓子を用意するのがおすすめです。



渡すタイミングは、仲居さんが館内の説明をして

部屋を出ていくタイミングがベストです。



笑顔で「お世話になります」と言って渡しましょう。



面倒だな~

と感じるときもあるかと思いますが

こうした気持ちを形であらわすことで

お互いが気持ちよくサービスを利用することができます。



あなたを想っています。



という気持ちは

利用する側からしたら変な感じがするかもしれませんが

こうした文化があるからこそ

そうした点が日本らしさ、といえるのかもしれませんね。



【関連記事】

高級旅館では心付けをするべき?相場やその理由について詳しくご紹介!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする