ガラス製爪ヤスリでツルツルな爪に!使い方やお手入れ方法をご紹介!

スポンサーリンク







ネイルケアをしていますか?



ネイルケアには爪切りや爪ヤスリを使いますよね。



最近では女性だけでなく

男性も爪ヤスリでお手入れされる方が増えているんですよ!



私は爪ヤスリと聞いて100円ショップの

紙製の爪ヤスリが初めに思い浮かびました。



しかし最近では、ガラス製の爪ヤスリの人気が高まっているようです。



今回は、ガラス製爪ヤスリの使い方や

普通の爪ヤスリとの違いなどについてご紹介していきます。

スポンサーリンク


ガラス製爪ヤスリの使い方やコツは?

ガラス製の爪ヤスリの使い方が分からない・・・



そんな方が結構いらっしゃるんですけれど

ある女性の方は・・・


ガラス製の爪ヤスリをプレゼントしてもらったのですが、今まで爪切りしか使ったことがありません。ヤスリのどの面を爪のどこに当てて、どう削ればいいのか教えてください。



これ分からなくないんですよね~

では、ガラス製爪ヤスリの使い方のポイントを見ていきましょう。


一定方向に削る

ガラス製爪ヤスリは一定方向に動かし

少しずつ削ることがポイントです。



爪ヤスリを往復させて削ると

削った面がガタガタになることがあります。


当てる角度は斜め45度がコツ!

爪ヤスリを爪に向かって垂直に当てると

爪のひび割れや二枚爪の原因になります。



爪に対して斜め45度の角度で当て

一定方向に少しずつ動かしましょう。


削りすぎに気をつけるのもポイント!

ガラス製爪ヤスリは、紙製の爪ヤスリと比べて

削れる速度が速いのが特徴です。



爪の状態を確認しながらゆっくり動かしましょう。


裏表の有無を確認してから使うのがコツ!

商品によっては荒い面と細かい面があります。



まずは荒い面で削り、細かい面で仕上げましょう。

スポンサーリンク


使うペースは1〜2週間に1回程度がおすすめ!

ガラス製の爪ヤスリを頻繁に使うと

爪の表面が痛む可能性があります。



使い過ぎに注意して、1〜2週間に1回使うことをおすすめします。


ガラス製爪ヤスリのと普通の爪ヤスリ、使い方に違いはある?

ガラス製爪ヤスリと普通の爪ヤスリには

どのような違いがあるのでしょうか?


・速く削れる

さきほどもご紹介しましたが

ガラス製爪ヤスリはびっくりするくらい速く削れます。



紙製の爪ヤスリを使っている方なら

その違いに驚くことでしょう。



力を入れずにスイスイ削れますよ^^


・滑らかな仕上がり

ガラス製爪ヤスリを使うとツルツルに仕上がります。



ヤスリの表面の特殊加工によって

ギザギザにならず滑らかな仕上がりになるのが人気の秘訣です。


・可愛いデザインが多い

ガラス製爪ヤスリには可愛いデザインが豊富に揃っています。



プレゼントにも喜ばれますね~


ガラス製爪ヤスリ自体のお手入れ方法!

ガラス製爪ヤスリは、繰り返しお手入れすることで

半永久的に使うことができます。



毎回使用後に水洗いをししっかり乾かすだけでOK!



製品によっては煮沸消毒可能なものもあるので

使用前にパッケージを確認すると良いですね。



また使用しない時はケースやタオルに包んで保管しましょう。



そのままでは割れてしまうことがあるのでご注意を!


オススメのガラス製爪ヤスリをご紹介

可愛いデザインが多く半永久的に使えるガラス製爪ヤスリ。



人気商品をご紹介します。


・ブランジェクのガラス製爪ヤスリ(¥1,404)

ブランジェクは人気の高い商品です。



普通のガラスよりも硬化されたガラスを使用しています。



そのためヤスリのきめ細かさや機能が衰えることなく

長く使うことができますよ。



様々なタイプがありますが

ハンドペイントの爪ヤスリはお花のイラストがとても可愛く

プレゼントにもぴったりですよ。



また自分用で使うときも、可愛いイラストに癒されますね^^


・チェコ生まれのガラス製爪ヤスリ大小セット(¥1,852)

こちらはボヘミアングラスで有名な

チェコのガラス製爪ヤスリです。



グラデーションカラーがとても映えるデザインで

大小セットなので、小さい方はポーチに入れておけば

いざというときに使うこともできますね。


まとめ

ツルツルな爪だと、なんだかハッピーになりますよね^^



お手入れも簡単で半永久的に使うことができるので1本あると重宝します。



知り合いに、2週間に一度はネイルを変えに行くという

オシャレで素敵な女性がいますが

そこまでこだわるとお金もかかりますので

自宅でこうしたガラス製爪ヤスリを使って

ネイルケアをしてみてはいかがでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする