ゆうちょ銀行で現金の振込方法はある?その他のやり方・仕方も紹介!

スポンサーリンク







ゆうちょ銀行は、全国的にATMがあるため

利用しやすい銀行となっています。



しかし、利用するときに

ゆうちょ銀行から現金振込をすることができるのか?

という事は気になるところです!



ゆうちょ銀行の口座を持っていなくても

現金振込をすることができるのでしょうか?



今回は、ゆうちょ銀行のATMを利用した

現金振込の方法はあるのか?

その他の振込のやり方・仕方を紹介していきたいと思います。


ゆうちょ銀行で現金を使った振込方法はない!

ゆうちょ銀行は、残念ながら

現金振込をする方法がありません。



でも、ゆうちょ銀行から

他の金融機関口座への振込をする方法はあります。



しかし、振込方法はゆうちょ銀行の

口座からのみとなっており

現金による振込をすることはできないのです。



ゆうちょ銀行のATMを利用して

「現金振込をしたい」と思っても

残念ながらできないので注意してください。


ゆうちょ銀行で現金振込以外の振込方法は?




ゆうちょ銀行は現金振込をすることはできませんが

他の金融機関口座への振込をすることは可能です。



ゆうちょ銀行の口座を持っていれば

その口座から振込をすることができます。



ゆうちょ銀行での振込方法は2つあり

それは、ゆうちょ銀行のATMから行う方法と窓口で行う方法です。



ゆうちょ銀行から振込をする場合には

ゆうちょ銀行の口座と「通帳とお届け印」

もしくは「キャッシュカード」が必要となっています。



また、場合によっては本人確認書類の

提示を求められることがあるとのことです。


ゆうちょ銀行のATMを利用し振込のやり方・仕方

ATMでゆうちょ銀行から振込する場合の

やり方・仕方をご紹介していきます。



まず、ATMで「ご送金」をタッチしてください。



次の画面でどのような種類の

口座に送金するのか選ぶことになります。



ゆうちょ銀行の口座への振込なら

「ゆうちょ口座へのご送金」を選択し

他の金融機関への振込なら

「他行口座へのご送金」を選択してください。



そして、ATMに通帳もしくは

キャッシュカードを挿入します。



挿入すると暗証番号を求められるため

正しい暗証番号を入力してください。



その後、振込をする口座を選択していきます。



「銀行」「支店名」「預金種類」

「口座番号」「金額」を入力していくのです。



それらを入力したら振り込む際の依頼人の名前を

「口座名義」でいいのかという画面となるため

そのままなら「はい」を選択してください。



名前を変える場合は「いいえ」から名前を変更してください。



その後、自分の電話番号を入力すると

最終確認の画面となる為

チェックしてから「確認」を押せば、振込をすることができるのです。


ゆうちょ銀行の窓口を利用した振込のやり方・仕方

ゆうちょ銀行の窓口を利用した振込の

やり方・仕方をご紹介していきます。



窓口で振込をする場合

「振込依頼書」という用紙に

必要事項を記入していく必要があります。



振込依頼書では、振込先の

「金融機関」「預金種類」

「口座番号」「名前」などを記入し

さらに振込する側の

「住所」「名前」「電話番号」

「口座番号」などを記入するのです。



そして、お届け印を押印し

窓口で振込したいことを伝え

振込依頼書と通帳もしくは

キャッシュカードを渡すことで

振込をしてもらうことができます。



ただし、ATMでの振込手数料に比べ

窓口だと手数料が高くなっているため

基本的にはATMで振込をするのがおすすめです。


まとめ

ゆうちょ銀行のATMから

現金での振込方法はありません。



ゆうちょ銀行から振込をする場合

ゆうちょ銀行の口座が必要となっているのです。



振込方法は、ATMを利用する方法と

窓口で行う方法があります。



どちらでも簡単にできますが

手数料的にはATMを利用するのがおすすめです。



ゆうちょ銀行の口座がある方は

ぜひゆうちょ銀行から振込をしてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

最大75%OFF!テーマパークをお得に楽しむならこれ!