横浜銀行はコンビニでも振込をすることができる?手数料ややり方も解説!

スポンサーリンク







横浜銀行を利用している人も多いと思います。



しかし、近くに横浜銀行がない場合

コンビニのATMで使うことができればお手軽で便利ですよね。



そこで横浜銀行はコンビニで銀行振込をすることができる?

という事は気になると思います。



今回は、横浜銀行はコンビニでも

振込をすることができるのかという事を

ご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク


横浜銀行はコンビニで振込できる?

横浜銀行はコンビニでも振込をすることが可能です。



ただし、コンビニで振込をすることが

できるコンビニは決まっています。



横浜銀行の場合、ローソンとファミリーマートのATM

で振込をすることが可能です。



残念ながら、セブンイレブンでは

振込をすることができないので注意してください。



横浜銀行を使用しており

コンビニから振込したい場合は

ローソンもしくはファミリーマートを利用するようにしてください。


横浜銀行でコンビニ振込をする条件とは?

横浜銀行利用者がコンビニで振込をするためには条件があります。



その条件とは、キャッシュカードを持っていることです。



キャッシュカードがなければ

コンビニのATMで振込をすることができません。



そのため、横浜銀行の口座でコンビニから振込をする場合

キャッシュカードを必ず持っていく必要があるんですよね。



また、コンビニでは現金のみで振込をすることはできず

銀行のATMまで行かなければなりません。


横浜銀行のコンビニ振込の手数料はいくら?

横浜銀行のキャッシュカードを利用して

コンビニで振込をする場合は手数料が必要となっています。



ローソン・ファミリーマートどちらでも

手数料が必要となっており

平日の8:45~18:00までは108円+振込手数料となっています。



そして、平日の0:00~8:45・18:00~24:00と土日祝日は216円+振込手数料となっているのです。



そのため、少しでも節約をしたい場合には

コンビニではなく横浜銀行のATMから振込をするのがおすすめです。

スポンサーリンク


横浜銀行のコンビニ振込の反映はいつ?

コンビニで横浜銀行のキャッシュカードを使用して

振込をした場合、平日の15:00までなら当日に振込が反映されます。



しかし、平日の15:00以降・土日祝日・12月31日~1月3日の

お振込については振込予約となり

お受取人口座に入金されるのは

翌平日窓口営業日扱いとなっているので注意してください。


横浜銀行のコンビニでの振込方法

横浜銀行のキャッシュカードを利用して

コンビニATMで振込をするのは簡単です。



方法としては、まずATMコーナーで

キャッシュカードを挿入します。



すると、ATMの画面に取引の選択画面となるため

「カード振込」ボタンを押してください。



次の画面では、キャッシュカードの暗証番号が求められるため

正確なキャッシュカードの暗証番号を入力してください。



その後、振込したい金額を入力し

振込先の相手の銀行名を指定します。



銀行名・支店名・預金の種類・口座番号を入力するのです。



また、依頼人(自分)の電話番号も求められるので

自分の電話番号も入力してください。



最後に、振込内容の確認画面となり

画面の振込内容を確認し

問題なければ「確認」を押すことで

コンビニのATMから振込をすることができますよ。



キャッシュカードと明細がATMから出てくるので受け取り

すべての振込手続きは完了です。


まとめ

横浜銀行は、コンビニのATMから振込をすることができます。



振込をすることができるコンビニは

ローソンとファミリーマートとなっています。



ただし、振込をするためには

キャッシュカードが必要のため

忘れずに持っていきましょう。



また、当日に入金したいなら

平日の15:00までに振込をする必要があります。



15:00以降や土日祝日では

翌営業日の反映となってしまうのです。



コンビニなら気軽に振込できるため

銀行まで行くのが面倒な場合などは

コンビニから振込をしてみてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする