ぶどうの王様!巨峰に含まれる栄養や効果・見分け方もご紹介!

スポンサーリンク







次々と新品種が誕生するぶどうの中で

日本生まれの巨峰は長年にわたりとても高い人気を誇る品種です。



黒紫色の大き目の粒で

しっかりとした果肉や果汁が多いのが特徴ですね。



こちらではそんな「ぶどうの王様」とも呼ばれる

巨峰に含まれる栄養や効果

さらには美味しい巨峰の見分け方もご紹介します!


ぶどうの王様!巨峰に含まれる栄養や効果について

「ぶどうの王様」と呼ばれる巨峰には嬉しい効果があります。

・疲労回復効果

巨峰に多く含まれているブドウ糖は腸で吸収され

素早く体内で必要なエネルギーに変換されます。



その為夏バテや、疲労回復にとても効果があります。



体内のブドウ糖が不足してしまうと低血糖症になり

異常な空腹感を感じたり脱力感

生あくびや頭が働かないといった症状が現れます。


・むくみや高血圧症予防

利尿作用のあるミネラルの一種、カリウムも多く含まれています。



カリウムは細胞を正常に保ち

むくみや高血圧症の予防に効果があります。



カリウムが不足すると脱力感や食欲不振

精神障害、不整脈といった症状がみられることがあります。



カリウムは大量摂取をしたとしても

体内で調整されるので摂り過ぎの心配はありません。


・豊富なポリフェノール

巨峰にはビタミンも含まれていますので

ニキビ予防や美肌効果もあります。



またぶどうの代表的成分であるポリフェノールには

眼精疲労を回復させるアントシアニンという成分や

動脈硬化や認知症予防、脳機能の改善に

効果のあるレスベラトロールが含まれています。



その他にも強い抗酸化作用を持つカテキン

アンチエイジングの効果があるタンニンなどがあります。


・低カロリー

美容効果の高い巨峰ですが、嬉しいことにカロリーは低めです。



巨峰はぶどうの種類の中では少しカロリーが高めですが

他の果物に比べると低めです。



巨峰ひと房のカロリーは大体ごはん半膳ほどです。


美味しい巨峰の見分け方!

巨峰の正しい見分け方を知っておくとより美味しい巨峰に出会えるでしょう。



・皮の色が濃い黒紫色

・粒が大きく、ふっくらと張りがある

・軸が緑色で全体がみずみずしい

・皮に白い粉が多くついている



軸が茶色で枯れているものは

収穫されてから時間が経ってしまっているものですので避けましょう。



また、皮の表面にブルームという

白い粉が多くついているほど新鮮な証拠ですので

粉が付いているものを積極的に選んでください。


巨峰の保存方法!

巨峰の保存方法は、冷暗所や冷蔵庫の野菜室での保存が適しています。



保存する際には、乾燥しないようにラップや新聞紙で包んだり

ポリ袋などに入れるようにしましょう。



その状態で2~4日ほど持ちます。



冷凍保存をする場合は、軸から粒を外して

保存袋などに入れてから冷凍庫へ入れましょう。



この時に、できれば軸を2mm程残しておくと良いですね。



食べる際は完全に解凍させず

さっと水に浸けて皮を剥いてから少し凍ったまま食べるのもおすすめです。


巨峰の皮の剥き方!

巨峰はぶどうの中でも皮が厚めなので

剥いてから食べるという方が多いでしょう。



綺麗に剥く為には沸騰させたお湯に

房から外したぶどうを1分程湯通しします。



ざるに上げてから氷水で冷やすと

するっと皮を剥くことができますよ。



剥く時は房に繋がっていた方とは

反対側から剥くと剥きやすいです。



また、皮を剥く前に実を4等分に

カットしてからでも簡単に皮を剥くことができます。


まとめ

巨峰はぶどうの中でも実がしっかりとしていて、栄養が豊富です。



さすが「ぶどうの王様」と呼ばれるだけありますね。



低カロリーなのに美容効果が高く

女性や特に産前産後の方にもおすすめの果物です。



皮は消化しづらく、また体が冷えてしまう原因にもなりますので

皮の食べ過ぎには注意してくださいね。

【関連記事】

野菜の栄養まとめ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする