家事も育児ももう限界!仕事も大変!そんなときの解決策とは?

スポンサーリンク







小さな赤ちゃんがいるママは

育児の他にも家事をしなければならず毎日大変です。



ましてや仕事をしているとなれば

1日のうちに自分の時間はないに等しいと言えます。



「誰か助けて!もう限界!」

と心の中で叫んでいるママも実は多いはずですね。



ここではそんな毎日限界まで頑張っているママのために

いくつかの解決策を提案していきたいと思います。


家事も育児も仕事も大変!限界を感じた時の解決策とは?

家事もたいへん。

育児もたいへん。。



限界かな~・・・



というときにはこうして対処してはいかがでしょうか?


忙しい時は外注サービスを利用する

育児や仕事が忙しくて買い物に行けない

幼稚園のお迎え時間に間に合わない

という場合は外注サービスを利用するのもひとつの方法です。



例えば買い物で言えばネットスーパーや

宅配サービスを利用することを検討してみましょう。



ネットであれば家事や育児の合間に注文しておくことができ

わざわざ買い物に出たり重い荷物を運ぶ必要もありません。



今はさまざまな企業がネットスーパーや

宅配サービスを提供しており

毎日の食材だけでなく日用品も取り扱っているところもあるので

忙しいママにはぴったりのサービスであると言えます。



また働くママが忙しく幼稚園などにお迎えに行けない時には

代わりにお迎えに行ってくれる送迎サポートサービスもあります。


家事にかかる時間を減らす

忙しくて夕飯が作れない

また体調が悪く思ったように家事ができない

そういう時は家事を簡略化したり思いきって休んだりして

たまには自分自身をいたわってあげましょう。



夕飯であればスーパーのお惣菜を利用したり

お弁当で済ませるなど割り切ってしまいましょう。



疲れた身体で嫌々夕飯を作るより

子供と一緒に楽しく食卓を囲んで食事をすることの方が大切ですよね。



また洗濯物は乾いたら畳まずにハンガーにかけてクローゼットに仕舞う

お掃除はお掃除ロボットに任せてしまうなど

徹底的に家事に費やす時間を減らし

少しでも休める時間を作るように心がけましょう。



また今は家事代行サービスという

サービスを提供している企業も数多くあります。



料理はもちろん、掃除などを請け負ってくれる会社もあるので

どうしても仕事が忙しい時など

月に何度か利用してみるのも良いかもしれません。


祖父母に頼る

実家から離れていては難しいかもしれませんが

パパやママの実家を頼るのも良いでしょう。



ママが助かるだけでなく

可愛い孫の顔を見ることができ喜ぶはずです。



何か手土産を持っていく

敬老の日には贈り物をするなど

普段からコミュニケーションを取っておくと

いざというとき時に頼みやすいかもしれませんね。



私はたまたま実家が近かったので

子供が小さい頃は実家の父母にはずいぶん助けてもらいました。



子供が大きくなった今でも色々助けてもらっているので

誕生日や父の日や母の日の贈り物は毎年欠かさず送っています。



特に高価なものでなくてよいので

例えば母の日にはカーネーションを贈るなど

普段から感謝の気持ちを伝えておくのは大切かなと思っています。


辛い気持ちから解放される方法は?

頑張っている自分を認めほめてあげる

「家事も育児ももう限界!」

という状態になっている時は

思考がネガティブになり自分自分を責めてしまっています。



もっと毎日頑張っているいる自分を認め

自信を持ってほめてあげましょう。



たまには家事を思い切りさぼってみたり

自分へのごほうびとして何か買い物をしても良いかもしれません。



普段しない興味を持っていないことへと目を向けてみることですね。



また、一番大切なのは、今の自分を肯定してあげることです。

誰かに相談しよう

悩みや苦しいことがある時

一番してはいけないことは

それを誰にも言わずに一人で抱え込んでしまうことです。



家族や同僚、ママ友などとにかく誰でもよいので

その悩みや胸の内を誰かに話してみましょう。





誰かに相談することで気持ちが軽くなり

的確なアドバイスがもらえたり

今までの考え方を変えてくれたりと

現状を変えるきっかけを与えてくれるかもしれません。


まとめ

「家事も育児も仕事もう限界!」と感じたら

外注サービスを利用したり家事の負担を減らすなどし

少しでも休むように心がけましょう。



また自分の頑張りを認めたり誰かに相談したりすることもとても大切ですよ。



家族と一緒に笑顔で過ごせるよう

少し肩の力を抜いてみてくださいね。



またこの前テレビで見たのですが

家事代行サービス会社の創業の話でした。



その方はご自身で忙しく働いているために

ご自身の会社のスタッフさんに頼んで

家事をお手伝いしてもらっていました。



当たり前といえばそうなのですが

その方曰く「忙しいのだからお手伝いしてもらっています」



もちろんお金を払って。



こうした割り切った考えができるからこそ

忙しい仕事もやりきることができるのかもしれません。



女性ならば誰もが当たる壁の育児や家事の問題。



今回ご紹介してきたものを冷静に見てみると

頼れる人に頼る。

という事かと思います。



ご自身の気持ちを変えることは

一人ではなかなかできませんので

かたくなにならずに

誰かを頼ることが解決への道かもしれませんね。

【関連記事】

家事や育児で大変なのに!旦那へのイライラを解消する3つの方法とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする